離婚で不動産を手放すなら任意売却が良い?そのメリットや注意点とは

2022-06-07

離婚で不動産を手放すなら任意売却が良い?そのメリットや注意点とは

不動産を所有している方がさまざまな事情で離婚することになった場合、所有している不動産がどうなるのか気になる方もいらっしゃるのではないでしょうか。
もし離婚によって財産分与をおこなうのであれば、不動産を2つに分けることもできないためどうしたら良いのか迷ってしまいますよね。
そこで今回はさいたま市で不動産の売却方法にお悩みの方に向けて、離婚時の任意売却のメリットや注意点についてご紹介します。

\お気軽にご相談ください!/

離婚時に任意売却で不動産を手放すメリットとは?

離婚時には夫婦で築いた財産を2人で分け合う「財産分与」をおこないます。
しかし家などの不動産は2つに分けることができないため、家を売却し現金で分ける方法をとるのが一般的です。
ところが住宅ローンが残っている場合は、売却時にローン残債を完済しなければ売却することができません。
とくに売却した額よりもローン残債のほうが上回る「オーバーローン」の状態では、通常の仲介売却は難しいといえます。

任意売却のメリット

任意売却とは、ローンの支払いが滞ってしまった場合などに金融機関の同意を得て家を売却することです。
離婚時に任意売却をおこなうメリットの一つは、残債の一括返済ができないオーバーローンの場合でも不動産を売却できるため離婚後のローン支払いや所有権などのトラブルを防げることです。
また競売などに比べて高く売ることができるのもメリットの一つです。
さらに金融機関との話し合いによっては、引っ越し費用がでることもあります。
一方で住宅ローンの滞納をおこなうことで、任意売却後は一定期間ローンを利用することができなくなるのがデメリットといえます。
また任意売却をおこなっても不動産がスムーズに売却できるとは限らないというところも覚えておく必要があるかもしれません。

弊社が選ばれている理由|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

離婚時に任意売却で不動産を手放す際の注意点とは?

離婚を機に不動産を任意売却で手放す際にはいくつか注意点があります。

任意売却のタイミング

一つ目の注意点は任意売却のタイミングです。
任意売却をおこなう場合、不動産の名義を共有していると売却には双方の同意が必要になります。
またどちらかが連帯保証人になっている場合は、離婚後に任意売却をおこなうことで思わぬトラブルが起きる可能性もあるでしょう。
離婚前に不動産についてどうするか話し合い、任意売却をおこなってから離婚を成立させるのがおすすめです。
二つ目の注意点は任意売却後もローンの残債が残ることです。
残債をどのように支払っていくのかは金融機関との話し合いで決まりますが、二人の間でもどちらがどのように支払うのか事前に話し合っておくと良いでしょう。

弊社が選ばれている理由|スタッフ一覧

まとめ

離婚を機に不動産を手放す場合には、ローンの残債状況によって任意売却を選択すると良いです。
また任意売却は離婚前におこなうことで、離婚後のトラブルを回避できる可能性があります。
離婚の際に任意売却を検討される方は、事前に信頼できる専門家に相談してみると良いでしょう。
私たち「株式会社ハウスマスター」はさいたま市北区を中心に不動産売却のサポートをおこなっております。
弊社のホームページより、24時間不動産査定依頼を受け付けておりますので、ぜひご利用ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0120-066-688

営業時間
09:00~19:00
定休日
火曜日(隔週)水曜日 夏季、年末年始

売却査定

お問い合わせ