貸す?売る?不動産活用における「どっち?」を考えよう!

2022-07-05

貸す?売る?不動産活用における「どっち?」を考えよう!

転勤や相続などにより住まなくなった不動産の活用方法を考えたとき、貸すのが良いか売るのが良いか、迷うことがあるでしょう。
どちらを選んでも一長一短があるので、慎重な判断が必要です。
そこで今回は、不動産を貸す場合と売る場合のメリット・デメリット、その決め方のポイントについて解説します。
さいたま市周辺で不動産活用をご検討中の方も、参考にしてみてください。

\お気軽にご相談ください!/

不動産を「貸す」と「売る」のメリット・デメリット

住まなくなった不動産を貸す場合と売る場合の、それぞれのメリット・デメリットをみていきましょう。

不動産を賃貸物件として「貸す」場合

メリット
賃貸物件として人に貸す場合のメリットは、継続した家賃収入を見込めることのほか、資産として所有し続けることで、将来自分の子どもに相続させることができることです。
また、再開発エリアなどで地価が急上昇する可能性もあります。
デメリット
一方デメリットは、賃貸物件として維持管理するには一定の経費が発生することです。
かかる経費としては、固定資産税などの税負担のほか、建物の修繕やリフォームなどの費用です。
また、空室が発生するリスクや、経年や地価変動により資産価値が下落するリスクも想定しておく必要があります。

不動産を「売る」場合

メリット
不動産を売却する場合のメリットは、維持管理にかかる手間や税負担や費用が不要になることです。
また、売却で得た現金は住宅ローンの返済に充てる以外に、新しい不動産の購入資金に充てたり、老後の資金に充てたりすることも可能でしょう。
デメリット
一方デメリットは、大切な資産を失ってしまうことのほか、不動産の売却にかかる仲介手数料などの費用が発生することです。
また、売却代金で住宅ローンを完済することができなければ、不足分を自己資金などで補う必要があるので注意が必要です。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

不動産の「貸す」と「売る」決め方のポイント

住まなくなった不動産を貸すのか、売るのか、決め方のポイントを3つご紹介します。
決め方ポイント① 将来的に住む可能性があるかどうか
将来的に住む予定のある不動産であれば貸すことを、住む可能性がなければ売ることを優先して考えると良いでしょう。
決め方ポイント② 借り手がみつかりやすい好立地であるかどうか
賃貸物件の需要の高い都心部など人口が多いエリアであれば、賃貸物件としての収益が見込めます。
決め方ポイント③ 維持管理にかける時間があるかどうか
比較的時間に余裕のあるライフスタイルの方なら貸すことを、忙しく、手間をかけたくない方は売ることを優先して考えると良いでしょう。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

まとめ

不動産を貸すか売るかで悩んだときは、以上のメリット・デメリットを考慮したうえで、慎重に判断しなくてはなりません。
貴重な資産を無駄なく活用するために、ひとりで判断せず専門家のアドバイスも受けると良いでしょう。
私たち「株式会社ハウスマスター」はさいたま市北区を中心に不動産売却のサポートをおこなっております。
弊社のホームページより、24時間不動産査定依頼を受け付けておりますので、ぜひご利用ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0120-066-688

営業時間
09:00~19:00
定休日
火曜日(隔週)水曜日 夏季、年末年始

売却査定

お問い合わせ