土地の評価額は5種類!それぞれの特徴と調べ方をご紹介

2022-07-05

土地の評価額は5種類!それぞれの特徴と調べ方をご紹介

土地の売却を考えたとき、いったいどれくらいの価値があるのだろうかと、疑問に思う方もいるでしょう。
実は、土地の価格を評価する指標は5種類もあり、それぞれ異なる目的や方法により評価額を算定しています。
そこで今回は、さいたま市周辺で土地の売却をご検討中の方に向けて、5種類の土地の評価額について解説します。
それぞれの特徴や調べ方を知り、土地売却の参考にしてみてください。

\お気軽にご相談ください!/

土地の評価額は5種類!それぞれの特徴を解説

土地の評価額は5種類あり、それぞれの目的によって使い分けられています。
まず、5種類それぞれの特徴をみていきましょう。

1.固定資産税評価額

固定資産税評価額は、固定資産税・都市計画税・登録免許税・不動産取得税の税額を算定することを目的として、各自治体が定める土地の評価額です。
3年に1度見直され、実勢価格の7割程度で設定されています。

2.公示地価

公示地価は、毎年1回、国土交通省が算定して公表する土地の価格です。
公共事業の用地買収の際の価格基準となるほか、土地の適正な取引価格の基準とされます。

3.基準地価

基準地価は、毎年1回、各都道府県が算定して公表している土地の価格です。
公示地価同様、土地の適正な取引価格の基準とされます。

4.相続税路線価

相続税路線価は、相続税と贈与税の税額を算定することを目的として毎年1回、国税庁が鑑定して公表する土地の価格です。
主に市街地で設定されており、路線価が設定されていない場所では固定資産税評価額を基に税額を算定します。

5.実勢価格(時価)

実勢価格は時価とも呼ばれ、実際に売買取引がおこなわれた価格のことです。
実勢価格は公示地価より1~2割程度高くなるのが一般的です。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

土地の評価額は5種類!それぞれの評価額を調べる方法

次に、5種類の評価額を調べる方法をご紹介します。

1.固定資産税評価額を調べる方法

固定資産税評価額は、毎年送付される納税通知書に同封される「課税明細書」に記載されています。

2.公示地価と3.基準地価を調べる方法

公示地価と基準地価は、国土交通省が運営する「土地総合情報システム」を検索することで調べることができます。

4.相続税路線価を調べる方法

相続税路線価は、国税庁の「路線価図・評価倍率表」を検索することで調べることができます。

5.実勢価格を調べる方法

実勢価格は、国土交通省が運営する「レインズマーケットインフォメーション」や「土地総合情報システム」により過去の成約情報を検索することで調べることができます。
また、固定資産税評価額が実勢価格の7割程度であることから、次の計算式で簡単に算出することも可能です。
実勢価格=固定資産税評価額÷0.7
この方法により、おおまかな実勢価格を簡単に知ることができます。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

まとめ

5種類の土地評価額をご紹介しました。
それぞれの特徴を理解したうえで所有する土地の価値を知り、今後の売却に役立ててみてはいかがでしょうか。
私たち「株式会社ハウスマスター」はさいたま市北区を中心に不動産売却のサポートをおこなっております。
弊社のホームページより、24時間不動産査定依頼を受け付けておりますので、ぜひご利用ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0120-066-688

営業時間
09:00~19:00
定休日
火曜日(隔週)水曜日 夏季、年末年始

売却査定

お問い合わせ