さいたま市で不動産売却をおこなうときに心配される2022年問題とは?

2022-06-28

さいたま市で不動産売却をおこなうときに心配される2022年問題とは?

不動産売却をおこなうとき、できるだけ高い価格で売りたいと考えるものですが、それにはタイミングが重要です。
とくに、さいたま市では2022年問題も不動産売却に影響を与える可能性があります。
そこで、不動産売却における2022年問題の関わりと、対処の方法についてご紹介します。

\お気軽にご相談ください!/

さいたま市の不動産売却に対する2022年問題の関わりとは

さいたま市で不動産売却のタイミングを考えるとき、2022年問題がどのように関わってくるのかを知ることが大切です。
2022年問題とは、平成4年に生産緑地法が改正された際に指定を受けた生産緑地が30年経過後の2022年に指定を解除され、それらの土地が一斉に売却されることで不動産価格に影響を及ぼすのではないかという問題です。
生産緑地とは、良好な生活環境や公共施設などの敷地のために都市農地を保全することを目的に、都市計画で決定された地域地区内の土地または森林のことです。
生産緑地に指定されると、建築や造成はできなくなりますが固定資産税や相続税が優遇されます。
指定が解除されると税金の優遇措置がなくなり所有による負担が大きくなるため、2022年に大量に売られる懸念があるのです。
さいたま市における生産緑地に指定された区域は、さいたま市地図情報のサイトで見ることができます。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

さいたま市における不動産売却で2022年問題に対処する方法

さいたま市内で不動産売却をおこなうとき、2022年問題に対処するにはどうしたら良いでしょうか。
2022年に土地が大量に売却されると供給過多となり価格の下落が心配ですが、申請によって生産緑地が10年延長される「特定生産緑地制度」が設けられています。
特定生産緑地制度を利用すると税金の優遇も続くので、2022年に一気に売られる可能性は低いと考えられます。
また、駅前や市街地の中心部などのエリアには農地はあまり残っていないため、影響を心配する必要はありません。
しかし、郊外エリアの土地の売却をおこなうときは2022年問題に気を付ける必要があります。
郊外には農地が多く残っているため、市街地エリアに比べると土地が売却される可能性が高いのです。
対処する方法としては、2022年に多くの土地が売られる前に早めに売却判断をおこなうことが挙げられます。
他の農地の多くが売られてからでは価格が下落している可能性があるので、迅速な判断が必要です。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

まとめ

2022年問題とは、生産緑地に指定されていた土地の多くが2022年に指定が解除され一気に売却されるのではないかというものです。
影響が心配されるエリアでは、早めに売却をおこなうことが対処法として挙げられます。
私たち「株式会社ハウスマスター」はさいたま市北区を中心に不動産売却のサポートをおこなっております。
弊社のホームページより、24時間不動産査定依頼を受け付けておりますので、ぜひご利用ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0120-066-688

営業時間
09:00~19:00
定休日
火曜日(隔週)水曜日 夏季、年末年始

売却査定

お問い合わせ