土地の名義変更とは?必要なタイミングや注意点をご紹介

2022-05-31

土地の名義変更とは?必要なタイミングや注意点をご紹介

土地などの不動産の所有者が変わった場合は登記上の名義を変更する必要があります。
名義変更をおこなわないとトラブルになる可能性があるため、必ずおこなうようにしましょう。
そこで、土地の売却をご検討中の方に、名義変更が必要となるタイミングや注意点についてご紹介していきます。

\お気軽にご相談ください!/

土地の名義変更が必要となるタイミング

土地の名義変更が必要なケースは、主に4つあります。

売買

土地を別の方へ売った場合には名義変更が必要となります。

相続

被相続人が所有していた土地を相続することによって所有者となった場合も名義変更が必要です。

贈与

土地を贈与するまたは、贈与してもらう際も名義変更が必要となります。
基本的に話し合いなどにより共同で進めることでスムーズにおこなうことができます。

財産分与

離婚などにより財産分与をする際にも名義変更が必要となります。
土地の名義変更は必要な書類や手続きが複雑なため、司法書士に依頼して法務局へ登録してもらうのが一般的です。

弊社が選ばれている理由|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

土地の名義変更を自分でおこなう場合・必要な費用

土地の名義変更は司法書士に依頼する以外に自分でおこなうことも可能です。
自分でおこなう場合の流れは以下のとおりです。

  • 法務局で申請書類を受け取る
  • 住民票など必要書類を準備する
  • 申請書を作成・捺印する
  • 管轄の法務局へ申請する
  • 土地の登記完了証が発行される

自分でおこなう場合は、早くても1か月以上かかります。
また、登記関連書類などに不備が見つかった場合は、さらに時間がかかることがあります。
司法書士に依頼した場合は、おおよそ10万円程度の費用が必要です。

弊社が選ばれている理由|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

土地の名義変更をおこなう際の注意点

土地の名義変更をする際に気を付けなければならない注意点がありますので、確認しておきましょう。

税金が発生する

名義変更の際には登録免許税のほかに、売買の場合は、「譲渡所得税」、相続の場合は「相続税」、贈与の場合は「贈与税、不動産取得税」が必要になってきます。
そのほかにも、利益が出た場合は住民税が翌年に課税されることになり、また固定資産税も納税する必要が出てきます。

コスト削減のために自分でおこなうのは要注意

上記でも、自分でおこなう場合の流れをご説明しましたが、司法書士へ支払うコスト削減のために自分でするのは手続きが複雑なため、あまりオススメできません。
とくに、相続による名義変更は必要書類も多く、複雑なため時間の手間を要してしまいます。
正しく、スムーズに処理するためにも、専門家に依頼するほうが良いです。

弊社が選ばれている理由|スタッフ一覧

まとめ

土地の名義変更が必要になるタイミングや自分でおこなうときの注意点などご説明してきました。
土地売却などをご検討中の方は、ぜひ参考にしてみてください。
私たち「株式会社ハウスマスター」はさいたま市北区を中心に不動産売却のサポートをおこなっております。
弊社のホームページより、24時間不動産査定依頼を受け付けておりますので、ぜひご利用ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0120-066-688

営業時間
09:00~19:00
定休日
火曜日(隔週)水曜日 夏季、年末年始

売却査定

お問い合わせ