不動産売却前に知っておきたい!分筆とそのメリットとは?

2022-05-24

不動産売却前に知っておきたい!分筆とそのメリットとは?

不動産売却を検討している方のなかには、複数人で所有している不動産や土地の一部だけを売却したい方もいるのではないでしょうか。
このようなケースで不動産の一部を売却するにはどうしたら良いのか悩んでしまいますよね。
ここではさいたま市で不動産売却を検討している方に向けて、不動産売却前に知っておきたい分筆についてメリットや方法もあわせてご紹介します。

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却前に知っておきたい!分筆とは?

分筆とは一つの土地を2つ以上の土地に分けて登記しなおすことです。
分筆をおこなうことで一つの土地が別々の土地になるため、土地の地番も変わり独立した土地として認められるのが特徴です。
一つの土地を複数人で相続した場合や所有している土地の一部を売却したいときに土地を分筆するケースが多く見られます。
また土地を分けるときには分筆以外に「分割」という方法もあります。
分けた土地をそれぞれ登記する分筆に対して、分割は所有者も変更せず、登記もしないのが大きな違いといえるでしょう。

弊社が選ばれている理由|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却前に知っておきたい!分筆のメリットとは?

一つの土地を二つ以上に分ける分筆にはいくつかのメリットがあります。
土地には「地目」という使用目的による区分が設定されており、その使用目的に合った利用しかできません。
しかし分筆することで地目を変更することができるため、売却しやすくなるなどのメリットがあります。
ほかにも分筆することで、土地の評価額が下がり、税金が安くなる可能性があるのも良い点といえるでしょう。
また分筆にはメリットだけではなくデメリットもあります。
分筆をおこない土地面積が狭くなると、その面積によっては建築制限を受けて建築や増改築ができなくなることがあります。
そのため使い勝手が悪くなる可能性があるので、分筆する際には事前に確認をしておきましょう。

弊社が選ばれている理由|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却前に知っておきたい!分筆の方法は?

分筆は個人でおこなうのは難しいため、土地家屋調査士に依頼しておこなうのが一般的です。
分筆の手順としては、土地家屋調査士に依頼し土地の事前調査をおこなった後に現地調査と境界確定測量をおこないます。
土地の境界確定が終わったら、土地をどのように分筆するのかを決めた分筆案を作成し、その分筆案を説明資料として隣地の所有者立ち合いのもと分筆の同意を得なくてはなりません。
隣地所有者の同意を得られたら土地の境に境界標を設置し、最後に土地分筆登記をおこないます。
分筆には土地家屋調査士への測量費用のほか、登録免許税などの費用がかかるため事前に費用を調べて用意しておくのがおすすめです。

弊社が選ばれている理由|スタッフ一覧

まとめ

分筆とは一つの土地を2つ以上の土地に分けて登記をする方法のことで、不動産売却をしやすくしたり地目を変更したりできるメリットがあります。
土地を分筆して不動産売却を検討している方は、まず土地家屋調査士や信用できる専門家に相談してみると良いのではないでしょうか。
私たち「株式会社ハウスマスター」はさいたま市北区を中心に不動産売却のサポートをおこなっております。
弊社のホームページより、24時間不動産査定依頼を受け付けておりますので、ぜひご利用ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0120-066-688

営業時間
09:00~19:00
定休日
火曜日(隔週)水曜日 夏季、年末年始

売却査定

お問い合わせ