不動産売却におけるリノベーションとは?メリット・デメリットや費用相場を解説

2022-05-10

リノベーション済み物件として不動産売却!メリット・デメリット・費用相場

マンションや一戸建てなどの不動産売却を考えたとき、リノベーションをして綺麗にすれば高く早く売れるのではないかと思う方も多いのではないでしょうか。
たしかに、不動産広告などをみていると「リノベーション済み物件」を良く目にします。
しかし、それらは専門の業者の手がけるものが多く、一般の方がおこなうには慎重に検討することが重要です。
そこで今回は、リノベーション済み物件として不動産売却をする際のメリット・デメリット、またリノベーションにかかる相場費用をご紹介します。
さいたま市周辺で不動産売却をご検討中の方も、参考にしてみてください。

\お気軽にご相談ください!/

リノベーション済み物件として不動産売却!~リノベーションとは~

そもそもリノベーションとは何を指しているのでしょうか。

リノベーションとは?

リノベーションとは、新しい暮らし方や住まいの機能を向上させるなど、建物に新たな価値を与える改修工事のことです。
リフォームが原状回復のための修繕を意味するのに対して、リノベーションは刷新の意味合いが強いといえます。

リノベーションによりできること

リノベーションでは、壁を取り壊してリビングを広げるなど2つの部屋を大きな1つの部屋にしたり、和室を洋室に変えたりすることもできます。
また、利便性を考えて浴室やトイレの位置を変更したり、壁付型キッチンをアイランドキッチンに変更したりと、ライフスタイルに合わせて住まいを再構築することが可能なのです。

弊社が選ばれている理由|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

リノベーション済み物件として不動産売却!~メリット・デメリット・費用~

マンションや一戸建てなどの不動産をリノベーション済み物件として売却する場合のメリットとデメリットをみていきましょう。

メリット

やはり最大のメリットは、内覧時の印象アップでしょう。
また、購入者にとっては即入居が可能な点と、住宅ローンとは別にリフォームローンを組む必要がなくなる点もメリットとなります。

デメリット

最大のデメリットとして、リノベーションにかかった費用を物件価格に上乗せして回収できない可能性があげられます。
また、購入希望者の好みに合わないリノベーションをされた物件は、購入を見送られることになるでしょう。

費用相場

マンションのリノベーションでは、10~17万円/㎡ほどになることが多く、設備や建材などにこだわる場合では25万円/㎡ほどになることもあります。
一方、一戸建てでは室内だけでなく外観や耐震補強の有無により費用も大きく変わりますが、25万円/㎡ほどを目安としておくと良いでしょう。
このように、リノベーションには大きな費用がかかります。
リノベーション済み物件として売却するかどうかは、かかった費用を売却価格に上乗せして回収できるかどうかを、じっくり検証してから決断することが大切です。

弊社が選ばれている理由|スタッフ一覧

まとめ

不動産売却前のリノベーションが有効かどうかは、物件の状態によっても異なりますので、まずは弊社へご相談ください。
私たち「株式会社ハウスマスター」はさいたま市北区を中心に不動産売却のサポートをおこなっております。
弊社のホームページより、24時間不動産査定依頼を受け付けておりますので、ぜひご利用ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0120-066-688

営業時間
09:00~19:00
定休日
火曜日(隔週)水曜日 夏季、年末年始

売却査定

お問い合わせ