不動産売却が長引く原因は何?売れにくいときの対処法を解説!

2022-04-19

不動産売却が長引く原因は何?売れにくいときの対処法を解説!

不動産売却の活動をおこなっていても、なかなか買い手が見つからずに苦労している方が多いと思います。
なぜ売却活動が長引くのでしょうか。
この記事では、不動産売却が長引く原因と対処法を解説します。

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却が長引く原因

まず、不動産売却にかかる一般的な期間は3か月とされています。
しかし、なかなか売れずに時間がかかってしまうケースも多々起こります。
不動産売却が長引く際に考えられる原因を、ケースごとにまとめてみました。

土地の場合

不便な場所にある土地や、いびつな形状をしていると売却しにくい傾向があります。
くわえて、土地の境界が確定されていないと、隣家とのトラブルに発展する可能性があるため、購入を避けられがちです。

相続した不動産の場合

相続した不動産が共同相続の場合、複数人の所有者が関わるので、通常よりも売却に時間がかかるケースが多く見られます。
たとえば、所有者間で土地の分割をどうするかで揉めてしまうことも売却が長引く原因です。
このように、土地や相続の問題で売却が長引くことがあります。
それ以外の原因としては、売却するタイミングが適していないことや、相場よりも高値の売値にしていることが影響しています。
移動が少ないオフシーズンには、当然需要が見込めません。
また、相場よりも高いと購入を避けられてしまうので、適正価格を検討することが求められます。

弊社が選ばれている理由|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却が長引くことを避ける対処法

不動産をできるだけ早く売りたい方は、なかなか売れないと困ってしまうでしょう。
ここからは、不動産売却が長引くことを避ける対処法を解説します。

土地と建物をきれいにする

一番手軽な対処法は、不動産の周辺をきれいにすることです。
環境が整っていると、買い手に良い印象を与えることができるため、購入希望者が早く現れる可能性があります。

適正価格で売り出しているか見直す

周辺の相場よりも極端に高い価格で売り出していると、購入を避けられてしまいがちです。
不動産の状態を把握して、適正価格であるか見直してみましょう。

売れやすい時期を知る

不動産が売れやすい時期は、進学や就職時期の春と、転勤などの移動が多い秋です。
この時期に売却活動を合わせると、需要が見込まれます。

買取も視野に入れる

どうしても売れなさそうな場合の対処法として、不動産会社に買取してもらうと、短期間での売却が実現可能です。
弊社でも買取の相談を受けつけているので、お気軽にお声がけください。

弊社が選ばれている理由|スタッフ一覧

まとめ

不動産を売るタイミングなどにより、売却活動が長引くことがあります。
今回ご紹介した対処法を参考にして、早期の売却を実現させましょう。
私たち「株式会社ハウスマスター」はさいたま市北区を中心に不動産売却のサポートをおこなっております。
弊社のホームページより、24時間不動産査定依頼を受け付けておりますので、ぜひご利用ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0120-066-688

営業時間
09:00~19:00
定休日
火曜日(隔週)水曜日 夏季、年末年始

売却査定

お問い合わせ