不動産の買取とは?仲介との違いと利用するメリットを解説!

2022-04-12

不動産の買取とは?仲介との違いと利用するメリットを解説!

不動産売却を検討している方は、買取について聞いたことがあると思います。
しかし、仲介とはどのような違いがあるのでしょうか。
そこでこの記事では、不動産の買取について解説します。

\お気軽にご相談ください!/

不動産の買取とは何か?仲介との違い

不動産の買取とは、不動産会社が買主となり不動産を直接買い取るシステムです。
そのため、買主を探す時間を省くことができて、売主との間で売買交渉が成立すればすぐに引き渡しとなります。
このように、早く取引できることが買取の特徴です。
これに対して、仲介は不動産会社が間に入って個人を対象に売却する方法です。
買取との違いは、買主が個人であることと、取引が終わるまで時間がかかることが大きなポイントです。
また、仲介は相場価格で売却しやすいですが、買取は相場よりも安い価格が設定されやすい点にも違いが見られます。
この他、費用面では仲介は仲介手数料がかかりますが、買取は仲介手数料が不要です。
さらに、仲介は売却前に内覧が必要ですが、買取の場合は内覧を実施しない場合も多く見られます。
買取と仲介は、上記のような違いがあることを覚えておきましょう。
弊社でも買取を受け付けているので、不動産売却を検討中の方はぜひご相談くださいね。

弊社が選ばれている理由|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

不動産の買取を利用するメリットとは?

仲介との違いを解説したところで、不動産の買取を利用するメリットとはどのようなものなのか気になり始めたと思います。
ここからは、不動産の買取を利用するメリットをご説明します。

仲介手数料が発生しない

不動産の買取には、仲介手数料が発生しないメリットがあります。
仲介の場合は、仲介手数料を不動産会社へ支払う必要が生じます。
この費用が不要なため、資金を抑えられることがメリットです。

すぐに売却できる

不動産の買取を利用する強みは、すぐに売却できることです。
買主が不動産会社となるため、双方が合意すればスムーズに契約を結ぶことが可能です。
また、売却時の手続きもスムーズに済ませられることは、不動産会社へ買い取りしてもらう魅力ではないでしょうか。

契約不適合責任を負わない

契約不適合責任とは、売却後に瑕疵が見つかった場合に、売主が責任を負うことを法律で定めた責任のことです。
買取の場合、契約不適合責任が免責となるため、責任を負わなくて良いことがメリットです。

弊社が選ばれている理由|スタッフ一覧

まとめ

不動産の買取とは、不動産会社によって買い取りしてもらう方法です。
仲介と違い、仲介手数料がかからないなどのメリットがあるため、利用する際の参考にしてみましょう。
私たち「株式会社ハウスマスター」はさいたま市北区を中心に不動産売却のサポートをおこなっております。
弊社のホームページより、24時間不動産査定依頼を受け付けておりますので、ぜひご利用ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0120-066-688

営業時間
09:00~19:00
定休日
火曜日(隔週)水曜日 夏季、年末年始

売却査定

お問い合わせ