不動産売却前にリフォームが不要な理由とは?必要なケースもご紹介

2022-03-29

不動産売却前にリフォームが不要な理由とは?必要なケースもご紹介

不動産の売却を検討している方のなかには、物件をリフォームした状態で売り出したほうが良いのではないかと悩んでいる方もいるかも知れません。
しかし本当に不動産売却する際にリフォームは必要なのでしょうか?
ここでは売却前のリフォームは基本不要である理由と、必要なケースもあわせてご紹介します。

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却前にリフォームが不要な理由とは?

所有している不動産を売却する際には、リフォームした状態のほうが早く売却できるのではないかと考えてしまいますよね。
しかしリフォームをおこなうメリットやデメリットを考えると、リフォームは必ずしも必要とはいえないようです。

リフォームのメリット

リフォーム最大のメリットは見た目の印象が良くなることです。
物件の見た目が良ければ、購入希望者の目にとまりやすくなります。
他にも、購入者が物件引き渡し後、すぐに住み始めることができるのもメリットといえるでしょう。

リフォームのデメリット

リフォームのデメリットは、リフォーム費用を上乗せする分、相場より売却価格が高くなってしまうことです。
中古物件を検討する方の多くは、安く購入し自分好みにリフォームをしたいと考えています。
そのためリフォーム後の高い物件より、見た目が悪くても安い物件を探しているケースが多いのです。
リフォームをしたにもかかわらず売却価格を抑えると、かかった費用を回収できないため、フルリフォームなどで数百万円かけるのは慎重に検討したほうが良いでしょう。
また、リフォームは住む方の好みが反映されます。
売主と買主の好みが合わなければ、せっかく手間と費用をかけてリフォームをおこなっても売却に時間がかかることがあるかも知れません。

リフォームが不要な理由

不動産を売却する側にとってはリフォームのメリットはあまりなく、かけた費用に対しての効果が少ないといえるでしょう。
そのため中古住宅の良さである「安さ」を損なうようなリフォームは不要といえます。

弊社が選ばれている理由|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却でリフォームが必要なケースとは?

基本的には売却前にリフォームは必要ありませんが、内容によっては売却に効果的なリフォームもあります。
たとえば個人の好みに関わらない部分で比較的安価にできる、畳替えやトイレなどのリフォームは印象を良くする効果があります。
とくに生活感の出やすい水回りは、ハウスクリーニングを入れると内覧時の印象が大きく変わります。
また、傷や設備の故障は印象が悪くなるため、事前に修繕しておくと良いでしょう。
売却価格に上乗せしなくても良い程度の予算でできる修繕や、クリーニングなどの簡易なリフォームは売却に効果的なのでおすすめです。

弊社が選ばれている理由|スタッフ一覧

まとめ

不動産を売却するときには、大きな費用のかかるリフォームは基本的に不要です。
中古物件の良さである「安さ」を活かして、修繕やクリーニング程度にしておくと良いでしょう。
私たち「株式会社ハウスマスター」はさいたま市北区を中心に不動産売却のサポートをおこなっております。
弊社のホームページより、24時間不動産査定依頼を受け付けておりますので、ぜひご利用ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0120-066-688

営業時間
09:00~19:00
定休日
火曜日(隔週)水曜日 夏季、年末年始

売却査定

お問い合わせ