旗竿地の不動産は売却が難しい?理由と売る方法を解説

2022-02-15

旗竿地の不動産は売却が難しい?理由と売る方法を解説

不動産には、売却しやすいものとそうでないものがあります。
売却しづらい不動産は、売るためにさまざまな工夫を凝らさなければなりません。
都市部に多い旗竿地も、売却しづらい不動産の一種です。
そこで旗竿地とはどんな土地か、売却するための方法についてご紹介します。

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却がしづらい旗竿地とはどんな土地?

旗竿地とは、道路からの間口が狭くなっていて奥まった場所に敷地が広がっている土地です。
竿に旗がついたような形状であるため、旗竿地と呼ばれるようになりました。
旗竿地は都市部に多くある土地の形で、整形地と比べるといびつな形をしていることから売却しづらいと言われています。
これは、土地の利用の仕方や建物の建築方法に工夫しなければならないためです。
路地部分を上手く活用できなければ、無駄なスペースを生んでしまいます。
また四方を囲まれている旗竿地は、日当たりや通風が優れないことも少なくありません。
そのため不動産としては、整形地に比べると評価が低くなり売却しづらいと言われています。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

\お気軽にご相談ください!/

旗竿地にある不動産を売却する方法とは?

一般的に売却がしづらいと言われる旗竿地ですが、売却できないわけではありません。
評価が低い分売買価格が抑えられるので、あえて旗竿地の不動産を購入したいという方もいます。
固定資産税が安いのも魅力の1つですね。
そのため、日当たりがよかったり間口が広かったりする旗竿地は、比較的簡単に不動産売却できます。
しかし、間口が狭い場合には注意が必要です。
現在の建築基準法では、接道義務が定められており、建築基準法上の道路に2m以上接していなければ、家を建てることはできません。
これを満たしていないと、再建築不可となるため解体してしまうと買い手がつくことは難しいでしょう。
再建築不可の旗竿地は、解体せずにそのままの状態で売却するしか方法がありません。
売却しづらい旗竿地を売る方法としてもっとも有効なのが、隣地の所有者に買い取ってもらう、もしくは隣地とともに売却する方法です。
旗竿地のままでは評価が低く売却しづらい土地も、隣地と合わせれば1つの広い土地となり活用方法が広がります。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

まとめ

旗竿地とは、間口が狭く奥まった場所に土地が広がる不動産のことです。
竿に旗がついたような形状から旗竿地と呼ばれるようになりました。
旗竿地は一般的に売却しづらい不動産ですが、隣地と合わせて売るなどの方法であれば問題なく売却可能です。
解体して売却する場合には、再建築不可でないか確認してからにしてくださいね。
私たち「株式会社ハウスマスター」はさいたま市北区を中心に不動産売却のサポートをおこなっております。
弊社のホームページより、24時間不動産査定依頼を受け付けておりますので、ぜひご利用ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0120-066-688

営業時間
09:00~19:00
定休日
火曜日(隔週)水曜日 夏季、年末年始

売却査定

お問い合わせ