終活で考える!相続で空き家問題をおこさないための対処法

2022-02-15

終活で考える!相続で空き家問題をおこさないための対処法

長い人生のなかで、いつその生涯を終えるかは誰にも分かりません。
残った相続人のためにも、万が一のことを考え元気なうちから終活をおこなう方が増えてきました。
とくに不動産のような高額でかつ簡単には分けられないような財産がある場合、終活でどう対策するかを考えておく必要があります。
何の対策もせず空き家となってしまえば、相続人には不利益なことしかありません。
そこで後々の相続で空き家問題がおこらないようにするために、終活でできることをご紹介します。

\お気軽にご相談ください!/

終活でおこなうべき相続対策!空き家を管理する方法とは?

近年、地方においては空き家問題が深刻化してきています。
相続したものの、使用する予定がないまま空き家となって放置されるケースが増えてきているのです。
誰も住んでいない建物は、急速に老朽化していきます。
老朽化が進めば、不動産としての価値が下がるばかりか倒壊する可能性もゼロではありません。
そのため空き家であっても適切に管理し、老朽化を遅らせることが重要です。
定期的に換気や通水、掃除などをおこないましょう。
もし時間的、距離的な問題により定期的な管理が難しい場合は、空き家専門の管理会社に委託する方法も検討するべきです。
ただし、コストがかかるため、終活時に空き家をどのように誰が管理していくのか考えておきましょう。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

\お気軽にご相談ください!/

終活でおこなうべき相続対策!空き家の放置はデメリットだらけ

空き家は放置しておくと、さまざまなデメリットをもたらします。
たとえば、老朽化により建物が倒壊して誰かにケガを負わせたような場合、所有者責任を負わなければなりません。
ほかにも、空き家対策特別措置法による特定空き家と認定された場合、固定資産税の優遇措置が適用されなくなり、支払い額が増えることがあります。
自治体の判断により取り壊されることになれば、費用のみを負担しなければならないこともあるでしょう。
このように空き家を放置することは相続人にとって、デメリットしかありません。
そのため終活では、相続対象である不動産について対策しておく必要があります。
売却するにしても築年数が経過してしまうと売れづらくなってしまうため、早めに考えておきましょう。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

まとめ

終活する場合、相続対象となる不動産に住む方がいるのか、空き家になってしまう可能性があるのかは重要なポイントです。
空き家になってしまう可能性があるのなら、適切な管理をして資産価値を下げないよう努力しなければなりません。
放置することはデメリットが大きいので、管理ができない場合には早めに売却を検討してくださいね。
私たち「株式会社ハウスマスター」はさいたま市北区を中心に不動産売却のサポートをおこなっております。
弊社のホームページより、24時間不動産査定依頼を受け付けておりますので、ぜひご利用ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0120-066-688

営業時間
09:00~19:00
定休日
火曜日(隔週)水曜日 夏季、年末年始

売却査定

お問い合わせ