古家付き不動産売却のメリット・デメリットとは?解体した方が良い場合も

2022-02-08

古家付き不動産売却のメリット・デメリットとは?解体した方が良い場合も

土地に古家がある不動産物件を売却する際は、古家を解体し更地として売却する方法と、古家付きの土地として売却する方法があります。
古家付き不動産売却は、更地として売却する場合と、どのような違いがあるのでしょうか。
今回は古家付の土地の売却について、メリット・デメリット、解体した方が良いケースについても解説します。

\お気軽にご相談ください!/

古家付き不動産売却~メリット~

古家を解体せずに古家付きの土地として売却する際のメリットをご紹介します。

解体費用がかからない

古家を解体し更地にするには、解体費用を売主側が負担します。
解体費用は木造で、坪約4~5万円が相場となり、延べ床面積30坪ならば、約120~150万円という計算になります。
古家付きのまま土地を売却すれば、解体費用の支出がおさえられるメリットがあるのです。

固定資産税を節税できる

家が建っている状態のほうが、更地よりも固定資産税や都市計画税が軽減される特例があります。
家が建っている場合、固定資産税は200㎡以下の部分が1/6に、200㎡を超える部分は3/1に減額されます。
都市計画税も200㎡以下の部分が3/1、200㎡を超える部分が3/2に減額されるメリットがあり節税ができるのです。

リノベーション希望の買主に需要がある

新築を建てるよりも低コストで済むことから、リフォームやリノベーションに人気が出てきています。
ご自身でDIYをする方も増えており、リフォーム済みの中古戸建よりも安く購入できる古家付きの土地を好む方もいるのです。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

\お気軽にご相談ください!/

古家付き不動産売却~デメリット~

次に古家付きの土地を売却するデメリットをご紹介します。

価格が相場より安くなる

買主に解体費用や手間を任せることになるので、解体費用を値引きした価格で売却する必要があります。

購入希望者が減りがち

物件の状態にもよりますが、更地よりも買い手がつきにくい可能性があります。
解体やリフォームには費用や時間がかかるため、あまりにも古い建物の場合、古家付き土地は敬遠されがちです。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

\お気軽にご相談ください!/

古家付きの不動産売却~解体したほうが良いケース~

古家付き不動産売却で、古家を解体したほうが良いケースがあります。

建物が古すぎる場合

建物が古すぎて人が住めないような場合、なかなか買い手がつきにくいです。
新耐震基準を満たしていない古い建物は、住宅ローン減税を受けられないといった買主側のデメリットもあります。

空き家の管理が難しい方

古家が空き家の場合、定期的な管理が必要になります。
物件から遠方でなかなか行けない、忙しくて管理ができない、または維持費を支払えないといった場合、更地にすることを検討しましょう。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

まとめ

今回は古家付き土地売却について、メリット・デメリット、解体したほうがいいケースについてもご紹介しました。
建物の状態や立地によって、古家付きで売却するか、更地にして解体するかの判断も変わります。
ご自身で判断することが難しい場合は、ぜひお気軽にご相談ください。
私たち「株式会社ハウスマスター」はさいたま市北区を中心に不動産売却のサポートをおこなっております。
弊社のホームページより、24時間不動産査定依頼を受け付けておりますので、ぜひご利用ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0120-066-688

営業時間
09:00~19:00
定休日
火曜日(隔週)水曜日 夏季、年末年始

売却査定

お問い合わせ