築20年の一戸建てを売却したい方必見!売却のポイントを解説

2022-02-01

築20年の一戸建てを売却したい方必見!売却テクニックをご紹介します!

一戸建て住宅は一生に一度の買い物…という考えは過去の話ではないでしょうか。
家族構成やライフスタイルの変化などに合わせて、一戸建て住宅の買い替えをする方は増えています。
しかし、築20年以上の一戸建てとなると売却が難しいことも現実です。
今回は、そんな築20年の一戸建てがなぜ売れにくいのか、そして、その売却テクニックを解説します。

\お気軽にご相談ください!/

築20年の一戸建は価格を下げても売却が難しいのはなぜ?

築年数が20年以上経っている一戸建ては、価格が安くてもなかなか売却できずに税金や維持費の負担だけが続くことがあります。
それには2つの理由があるのです。

築年数が経つにつれ資産価値が下落

中古住宅の価格は「建物」と「土地」に分けることができますが、建物の価値は「法定耐用年数」を基準として評価される傾向にあります。
これは、税務処理上で減価償却費の計算をするために国が定めた年数で、構造と用途によって異なります。
これによると、築20年の木造住宅は新築時の2割以下の価値になってしまうので、価格が安くなってしまうというわけです。
しかし、実際は法定耐用年数を越えた住宅の多くは、その後も通常どおり住むことができるのです。

住宅ローンの借入期間に制限

中古の一戸建てであっても、住宅ローンを利用して購入するのが一般的です。
しかし、住宅ローンの審査には物件の評価も入り、築年数が経っていると借入期間に制限がかけられます。
借入期間が短くなると、月々の返済額が高くなり家計を圧迫する恐れがあるので、購入しにくくなるのです。
また、築20年以上の木造一戸建てでは住宅ローン控除を利用できないため、さらに売却が難しくなります。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

\お気軽にご相談ください!/

築20年の一戸建ての売却を成功させるポイントはこれ!

中古住宅では、築年数による資産価値の下落・住宅ローンの制限などはどうすることもできません。
とはいえ、住宅ローンが残っていれば売却時に完済するのが原則で、ローン残高以上の価格で売却できなければ返済資金を工面しなければならないのです。
そこで、築20年の一戸建ての売却を成功させるテクニックをご紹介します。
まず、物件のアピールポイントを書き出してみましょう。

  • 使いやすい間取り
  • 利便性や人気の高い立地
  • 日当たりの良さ
  • ルーフバルコニーなどの付帯設備
  • リフォームやリノベーションの成果
  • ホームインスペクション(住宅診断)での高評価

こういったアピールポイントを前面に打ち出し、築年数の古さに負けない魅力を伝えていくことで、売却の成功につながりやすくなります。
「古い物件だから安くて当然」ではなく、「魅力的な物件なのに古いから割安」と発想を転換させる売り出し方をするというわけです。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

まとめ

このように、売れにくい物件であっても売り方を工夫することで、売却の成功率が上がるでしょう。
売れにくい物件こそ、私たち不動産会社の腕の見せどころなのです。
さいたま市北区周辺の一戸建ての売却なら、ぜひ弊社へご相談ください。
私たち「株式会社ハウスマスター」はさいたま市北区を中心に不動産売却のサポートをおこなっております。
弊社のホームページより、24時間不動産査定依頼を受け付けておりますので、ぜひご利用ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0120-066-688

営業時間
09:00~19:00
定休日
火曜日(隔週)水曜日 夏季、年末年始

売却査定

お問い合わせ