マイホームを住み替えるタイミングで知っておきたいポイントを解説!

2022-01-25

マイホームを住み替えるタイミングで知っておきたいポイントを解説!

この記事のハイライト
●マイホームの住み替えには「売り先行」と「買い先行」の2つの方法がある
●売却と購入を同時に進行するためには綿密なスケジュール調整が必要
●住み替えは同じ不動産会社に依頼するのがおすすめ

家族構成やライフスタイルの変化によって、マイホームの住み替えをお考えの方もいらっしゃるでしょう。
「スムーズに住み替えできるタイミングが知りたい」
「住宅ローンはどうすれば良いの?」
など、住み替えを検討するにあたって、知りたいことや疑問に思うことも多いのではないでしょうか。
そこで今回は、北区を中心にさいたま市でマイホームの住み替えをご検討中の方に向けて、住み替えのタイミングやメリット・デメリットについて解説します。
知っておくべき注意点もお伝えしますので、ぜひご参考にしてください。

\お気軽にご相談ください!/

住宅ローンの残債があるマイホームを住み替えるタイミングとは?

住宅ローンの残債があるマイホームを住み替えるタイミングとは?

マイホームの住み替えを考えるタイミングは、人によってさまざまです。
たとえば、
「家族が増えたためもっと広い家に住みたい」
「通勤や通学に便利な立地に引っ越したい」
など、家族構成やライフスタイルの変化によるケースが多いでしょう。
また、ご近所の方とのトラブルが原因の場合もあるかもしれません。
住み替えをおこなう場合、「現在住んでいるマイホームの売却」と「新しいマイホームの購入」を考える必要があります。
現在住んでいるマイホームに住宅ローンの残債がある場合、完済しなければ売却することはできません。
また、新しいマイホームを購入するための資金計画も必要です。
そこで、まずは、住んでいるマイホームの住宅ローンについて、残債がどれくらいあるのか、どのように完済するかなど、返済の目処を把握する必要があります。
住み替えの資金計画については、次のようなパターンが考えられるでしょう。

  • 住宅ローンの残債を自己資金で完済できる
  • 売却代金を住宅ローンの返済に充てる
  • 売却代金で完済できない

自己資金で完済できる場合は、新しいマイホームの購入を優先することができますが、売却代金を返済に充てる場合は、住んでいるマイホームの売却を優先することをおすすめします。
また、売却代金で完済できない場合は、新居を購入するための住宅ローンに上乗せして借りることができるローン商品もあります。

マイホームの住み替えをおこなう2つの方法

マイホームの住み替えをおこなう場合、「売り先行」と「買い先行」の2つの方法があります。
売り先行とは
住んでいるマイホームを先に売却してから、新居を購入する方法です。
売却代金を、住宅ローンの返済や新居の購入資金に充てたい方におすすめです。
買い先行とは
住み替えをおこなうにあたって、先に新居を購入して引っ越し先を決めてから、住んでいるマイホームを売却する方法です。
自己資金に余裕がある方におすすめです。
住み替えをおこなうタイミングで、どちらの方法を選択するかは、住宅ローンの残債と、完済する目処、自己資金の有無が決め手になります。

こちらの記事も読まれています|オーバーローンでも不動産売却できる?調べ方や売却方法を解説

\お気軽にご相談ください!/

マイホームを住み替えるタイミングとメリット・デメリット

マイホームを住み替えるタイミングとメリット・デメリット

マイホームの住み替えをおこなう方法として、「売り先行」と「買い先行」があることを前章でお伝えしましたが、どちらにもメリット・デメリットがあります。
住み替えをおこなうタイミングを考慮するためにも、それぞれのメリット・デメリットを把握しておきましょう。

「売り先行」のメリット・デメリット

マイホームの売却代金を確定できることが大きなメリットです。
住宅ローンの残債を完済できるか、また手元に資金が残るかなどが把握できるため、無理のない資金計画を立てることが可能です。
ただし、引き渡しから新居を購入して引っ越すまでの期間は、仮住まいが必要になることがデメリットだと言えるでしょう。

「買い先行」のメリット・デメリット

買い先行の場合、住み替えのスケジュールはご自身で決められるため、時間をかけて希望に合った物件を探せる点が大きなメリットでしょう。
また、売却活動は住み替えのあとなので、内見に対応する必要もありません。
ただし、売却金額が確定する前に新居に引っ越すことになるため、査定よりも低い金額での売却になった場合、当初の資金計画が狂う場合もあるでしょう。

「売り」と「買い」を同時に進めるのが理想的

「売り先行」と「買い先行」のデメリットを解消するためには、「売り」と「買い」を同時に進めるのが理想的です。
新居探しと売却活動を同時におこない、住んでいるマイホームの売却代金の決済・引き渡し日と、新居の購入代金の決済日を、同じ日に合わせます。
そうすることで、スムーズに住み替えができます。
ただし、売却と購入のタイミングを合わせるためには、住んでいるマイホームの買主および新居の売主、また金融機関などのスケジュールを調整する必要があります。
そのためには、売却と新居の購入を、同じ不動産会社に依頼するほうが良いでしょう。
弊社は、北区を中心にさいたま市で不動産取引のサポートをおこなっております。
住み替えをご検討の際は、お気軽にご相談ください。

こちらの記事も読まれています|オーバーローンでも不動産売却できる?調べ方や売却方法を解説

\お気軽にご相談ください!/

マイホームを住み替えるタイミングで知っておくべき注意点

マイホームを住み替えるタイミングで知っておくべき注意点

それでは最後に、タイミングが重要なマイホームの住み替えをおこなうにあたって、知っておくべき注意点をいくつかお伝えします。

注意点1.買い先行ではダブルローンが生じる可能性がある

マイホームに住宅ローンの残債があり、新居も住宅ローンで購入する場合、ローンの返済が重複する「ダブルローン」の期間が生じる可能性があります。
売却が長引けば、ダブルローンの期間も長くなるため、金銭的にも精神的にも負担が大きくなります。
そのような事態を避けるためにも、しっかりとした資金計画を立てたうえで、住み替えのタイミングを見極めることが大切です。

注意点2.安易な値下げをしない

「なかなか買主が見つからない」「早くダブルローンから解放されたい」といった焦りから、売却を急いでしまうケースがあります。
一度値下げをすると、元に戻せないため、安易な値下げはしないように注意しましょう。

注意点3.売り先行では引っ越し代などの費用がかさむ場合がある

売り先行で、賃貸物件での仮住まいが必要な場合、住んでいるマイホームから仮住まい先、さらにそこから新居へと、引っ越しを2回おこなわなければなりません。
2回分の引っ越し代や、賃貸物件の家賃など、仮住まいのための費用も資金計画に入れておきましょう。

注意点4.内見時の印象を良くする

売り先行では、マイホームに住みながら内見に応じなければなりません。
内見は、売却に繋がる大きなポイントです。
室内が片付いていない、汚れがひどいといった状態では、内見に訪れた方の購入意欲が失せてしまいます。
しっかりと清掃して、内見者を迎える準備をおこないましょう。

注意点5.スケジュールに余裕を持つ

住み替えは、スケジュールに余裕を持ったタイミングでおこないましょう。
売却には3か月から6か月ほどかかるのが一般的です。
とくに、「4月までに引っ越しを済ませたい」など、住み替えを完了させたい時期が決まっている場合は、早めに不動産会社に相談しましょう。

注意点6.特例を利用する場合は条件を確認する

マイホームの住み替えにおいて、節税のために利用できる特例がいくつかあります。
居住年数が税率に影響するため、住み替えのタイミングを決める際に、特例の条件を確認しておくことも大切です。

こちらの記事も読まれています|オーバーローンでも不動産売却できる?調べ方や売却方法を解説

まとめ

マイホームの住み替えを考える際には、無理のない資金計画を立て、スムーズに住み替えできるタイミングを見極める必要があります。
そのためには、不動産会社のサポートが重要です。
住み替えを考えた際は、まず不動産会社に相談することからはじめましょう。
弊社は、査定や売却、物件探しなど、不動産に関するご相談を無料で承っております。
お客様のご希望に沿った販売方法をご提案しますので、北区を中心にさいたま市で住み替えをご検討の際は、ぜひ「株式会社ハウスマスター」にお任せください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0120-066-688

営業時間
09:00~19:00
定休日
火曜日(隔週)水曜日 夏季、年末年始

売却査定

お問い合わせ