平家は実際に売却が難しいのかを解説

2022-01-25

平家は実際に売却が難しいのかを解説

相続などで平家を売却することもあると思います。
一般的には平家は売れにくいと言われていますが、実際はどうなのでしょうか。
今回は、平家を売却する際のメリット・デメリット、売却する方法をご紹介します。

\お気軽にご相談ください!/

実際に平家は売れにくいのか

平家が売れにくいと言われる理由は次のとおりです。

  • ファミリー層は部屋数が取れる2階建て住宅を探すことが多いため
  • 日当たりが確保しづらいため
  • 古い住居であることが多いため
  • 土地が広いと家が古くても価格が高くなるため

家を探している方の多くがファミリー層であり、平家では部屋数が足りないことで売れにくいことが多いです。
また、近隣と隣接していると日当たりが確保しづらく、土地が広いとその分土地価格で高額となり、これも売れにくい理由となります。
もとより単純に築年数が25年以上の建物であれば、価値としても評価しづらく売れにくくなります。
この場合は、建物を解体して土地として売却するほうが売りやすくなります。
しかし、少子高齢化のこの時代において、階段がなく老後も暮らしやすい平家のニーズは実際に高まっています。
子育て世代でも、家族のコミュニケーションがとりやすい平家のニーズが増えているため、今後は平家への需要はのぞめると考えます。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

\お気軽にご相談ください!/

平家のメリット・デメリット

では、具体的に平家ではどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。
メリット

  • 老後も暮らしやすい(バリアフリー)
  • 家族とのコミュニケーションがとりやすい
  • 開放的な空間をつくりやすい
  • 災害に強い

先ほども触れましたが、平家建の住宅は階段がなく、老後も暮らしやすいことが大きなメリットです。
バリアフリーを実現しやすく、平面の動線が実現できることも嬉しい点です。
それに伴い、自然と家族とのコミュニケーションも増えることはファミリー層にも嬉しいメリットです。
また上階がないため、小屋裏空間に吹き抜けを作り、開放的な空間を演出することもできます。
さらには建物の高さが低いため、地震の揺れや台風の強風に対して影響が少なく、災害にも強いこともメリットです。
デメリット

  • 日当たりの確保が難しい
  • プライバシーの確保が難しい
  • 防犯上のリスクが高い
  • 広い敷地が必要

平家では日当たりの確保が難しいことはすでに説明しました。
コミュニケーションがとりやすいということは、逆にそれぞれのプライバシーを確保することは難しいとも言えます。
また、多くの窓が外から手の届く範囲に設置されることで空き巣の被害を受けやすいこともデメリットの1つです。
さらには、平家は広い敷地が必要となるため、エリアによっては必要な敷地を確保することが難しいのです。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

\お気軽にご相談ください!/

平家を上手に売る方法

ここまでは平家のニーズやメリット・デメリットについてご紹介しました。
では、実際にどのように平家を売却するのが良いのでしょうか。
25年以上の築年数である場合や、建物の状態が悪い場合は、解体のうえ土地として売却することが良いでしょう。
まだ建物として価値がある場合は、リフォームやリノベーションをして売却すると売りやすくなるでしょう。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

まとめ

平家を上手に売却するためにも、平家の状況によって売却方法を検討してくれる信頼できる不動産会社に相談してみましょう。
私たち「株式会社ハウスマスター」はさいたま市北区を中心に不動産売却のサポートをおこなっております。
弊社のホームページより、24時間不動産査定依頼を受け付けておりますので、ぜひご利用ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0120-066-688

営業時間
09:00~19:00
定休日
火曜日(隔週)水曜日 夏季、年末年始

売却査定

お問い合わせ