負動産になる前におこなう不動産売却の重要性とは?

2022-01-18

負動産になる前におこなう不動産売却の重要性とは?

不動産売却を考えるきっかけは、お客様によりさまざまですが、とくに多いのが不動産の相続時です。
相続は、自らの意思と関係なく訪れるため、対策していないと負動産になる恐れがあります。
そこで今回は、そもそも負動産とはなにか、また負動産になる前に不動産売却をおこなう重要性について解説します。
さいたま市北区を中心としたエリアで、不動産の売却をご検討の方はご参考にしてください。

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却が難しくなる前に対策すべき「負動産」とは?

負動産とは、所有の不動産が不利益を生んでいる状態を指し、下記のような例があります。

  • 使用していない不動産の維持費や税金を支払っている
  • 空室が多い賃貸物件で、収入よりも支出の方が多い
  • 売却したくても買い手が見つからない

要するに、所有しているだけで費用や手間がかかり、また売却も難しい状態です。

負動産を富動産にするために今からできるポイントとは?

負動産になってから、不動産売却を検討しても、すでに買い手を見つけるのが難しいケースが多くあります。
そのため下記のような早めの対策が重要です。

  • 不動産の価値が下がる前に売却する
  • 相続が発生する前に、親族で相続後の方針を話し合う
  • 不動産の名義人や隣地境界線を確認しておく

不動産は経年劣化により価値が下がるため、買い手が見つかる段階での売却が重要です。
また相続が発生してからは、物件を所有していた本人しか知らない情報が手に入りにくいことや、相続人同士の話し合いに時間がかかることで、売却手続きが遅れがちです。

こちらの記事も読まれています|オーバーローンでも不動産売却できる?調べ方や売却方法を解説

\お気軽にご相談ください!/

負動産の解決法とは?不動産売却のタイミングを見極めよう!

売却が難しい物件を負動産にしないための解決法として、下記のような例があります。
古民家をアピールポイントとして貸し出す
居住用だけでなく、レストランや民泊、地域のコミュニティスペースとしての用途も視野に入れると、賃貸物件に生まれ変わります。
介護施設として利用する
近年は老人ホームの需要が高いため、とくに戸建ては、介護事業者が購入する可能性があります。

不動産売却が可能なうちに対策を!

不動産売却の検討は、物件の価値を知ることから始まるので、まずは査定依頼しましょう。
また「買取」という、不動産会社が物件を買い取る方法であれば、短期間で売却でき、買い手を探す必要がないためおすすめです。

こちらの記事も読まれています|オーバーローンでも不動産売却できる?調べ方や売却方法を解説

まとめ

所有物件が負動産になると、解決法が限られるため、早めに不動産売却をおこなう重要性をおわかりいただけたでしょうか?
不動産売却は、情報収集や買い手を見つけるのに時間を要するため、相続が発生する前から、親族と話し合って対策を講じることが大切です。
私たち「株式会社ハウスマスター」はさいたま市北区を中心に不動産売却のサポートをおこなっております。
弊社のホームページより、24時間不動産査定依頼を受け付けておりますので、ぜひご利用ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0120-066-688

営業時間
09:00~19:00
定休日
火曜日(隔週)水曜日 夏季、年末年始

売却査定

お問い合わせ