不動産をできるだけ早く売却したい!その方法と注意点とは?

2022-01-18

不動産をできるだけ早く売却したい!その方法と注意点とは?

不動産を売却するときには、できるだけスムーズに早く売却したいものですよね。
また、さまざまな事情で早急に売却したい方もいるかも知れません。
ここでは、さいたま市で不動産売却を検討されている方に向けて、不動産を早く売却する方法と注意点についてご紹介します。

\お気軽にご相談ください!/

不動産をできるだけ早く売却する方法とは?

通常の不動産売却をする場合には平均で8か月ほどかかります。
買い手がなかなか見つからない場合は1年を超すことも珍しくないため、できるだけ早く不動産を売却したい場合にはいくつかの方法を試してみましょう。

売却価格の適正化

不動産がなかなか売れない大きな原因の一つとして「売却価格が相場より高い」ことが挙げられます。
買い手が見つかってから価格交渉などで時間がかかってしまうよりも、最初から近隣の売却価格と比較検討してお得感のある価格を設定することで、スムーズな売却を目指すのも選択肢の一つです。

物件の魅力を高める

売却活動前に内覧に備え物件を整え魅力を高めておくことも買い手が早く決まる方法の一つです。
室内や玄関周りの清掃やにおいに気を配るほかにも「ハウスクリーニング」や「ホームステージング」などのサービスを利用しても良いでしょう。
またインスペクションをおこない、購入希望者が物件の状態をチェックできるようにしておくことでも物件の魅力は高まります。

事前準備

不動産売買に必要な書類は事前に準備しておくことで売却活動を早めることができます。
権利証や固定資産評価証明書、住宅ローン返済予定表などがあればスムーズに査定や売却活動に入ることができるため準備しておくと良いでしょう。

買取

買取は不動産会社が直接物件を買い取る方法です。
売却額は相場より1~3割安くなってしまうのがデメリットですが、買い手が現れるのを待たなくても良いため、時間がない方や売れにくい不動産を早く売却したい方には適した方法といえます。

こちらの記事も読まれています|不動産売却における媒介契約と売却活動の流れについて解説

\お気軽にご相談ください!/

不動産を早く売却したいときの注意点

早く不動産を売却したいときには、その気持ちを利用されないように注意しなければいけないこともあります。
売却を急いでいる雰囲気が伝わってしまうと「この価格ならすぐ買いますよ」と値段交渉で買い叩かれる可能性が高くなるかも知れません。
交渉相手には早く売却したいことを気づかれないようにしましょう。
もう一つの注意点は、仲介業者に任せきりにせず不動産売却の営業活動や、価格が適正かなどをご自身でも把握することです。
物件の広告が公開されているか確認したり売却相場を調べたりして、大事な不動産を適正にスムーズに売却できるようにしましょう。

こちらの記事も読まれています|不動産売却における媒介契約と売却活動の流れについて解説

まとめ

不動産を早く売却するためには、事前準備をした上で買い手の立場に立って適正な売却価格や物件の管理をおこなうことが重要です。
また売りにくい物件の場合は、買取も一つの選択肢として検討してみると良いでしょう。
早く売却したくても、大事な不動産を買い叩かれてしまわないように注意して売却を進めてくださいね。
私たち「株式会社ハウスマスター」はさいたま市北区を中心に不動産売却のサポートをおこなっております。
弊社のホームページより、24時間不動産査定依頼を受け付けておりますので、ぜひご利用ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0120-066-688

営業時間
09:00~19:00
定休日
火曜日(隔週)水曜日 夏季、年末年始

売却査定

お問い合わせ