さいたま市北区の不動産売却のリースバックとは?メリット・デメリットを解説

2022-01-11

さいたま市北区の不動産売却のリースバックとは?メリット・デメリットを解説

リースバックという不動産売却方法をご存じでしょうか?
住宅ローン返済に困ったときや、まとまった資金が必要なときなどに、救済措置ができる不動産売却方法になります。
ここでは、さいたま市北区の不動産売却のリースバックについてメリット・デメリットを解説します。

\お気軽にご相談ください!/

リースバックとは?

居住中の不動産を、リースバックを専門としている会社に売却し、その資金をローン返済などに利用し、その後は賃貸物件としてそのまま住み続けることを言います。
そのシステムは、まず買主となるリースバック専門会社と売買契約を交わします。
そして不動産売却代金が一括にて支払われることになります。
次に貸主となったリースバック専門会社と賃貸借契約を交わし、毎月の賃料を支払いながら住みます。
次にメリット・デメリットを解説します。

こちらの記事も読まれています|不動産売却における媒介契約と売却活動の流れについて解説

\お気軽にご相談ください!/

メリットとは

リースバックには次のメリットがあります。

不動産売却によってまとまった資金を確保

利用に年齢制限はなく、現金で一括払いされます。
資金の使用用途に制限はありません。
リースバック専門の会社に不動産売却するので、スピーディーな売買契約が可能です。

引っ越さなくて良い

住み続けた家を売却後も賃貸としてそのまま住み続けることができます。
引っ越し費用も、時間もかからないのもメリットです。
また住み続けていることによって、不動産売却したことが周囲に知られにくいです。

維持費が不要

不動産を所有し維持するには、固定資産税や火災保険・地震保険、また修繕費などを要します。
しかし所有権が第三者に渡るので、これらの維持費が不要です。

リスク軽減

不動産を所有するうえで、災害による建物の被害、不動産価値の低下、住宅ローンの金利の上昇による負担といったリスクがなくなります。

買い戻しができる可能性がある

リースバック後に賃貸物件として住んでいても、将来的に売却した物件を買い戻すことが可能です。

こちらの記事も読まれています|不動産売却における媒介契約と売却活動の流れについて解説

\お気軽にご相談ください!/

デメリットとは

リースバックには次のデメリットと注意点があります。

利用できない場合がある

売却価格がローン残高を下回る場合には利用できませんので注意が必要です。

売却価格は低い

リースバックによる不動産売却価格は相場より低くなるのが注意点です。

所有権が第三者に渡る

メリットもありましたが、場合によってはデメリットにもなります。
所有権が賃貸借契約を交わした貸主になるので、自由にリフォーム・増築・建て替えができません。

賃料が相場より高くなる可能性がある

毎月の家賃を払って住み続けるのがメリットでしたが、売却価格によって賃料が決まるので相場より家賃が高くなることもあるのがデメリットです。

定期借家契約となる場合が多い

リースバックの不動産売却は定期借家契約となる場合が多く、賃貸借契約期間が定まっていることになりますので契約の際には注意が必要です。

こちらの記事も読まれています|不動産売却における媒介契約と売却活動の流れについて解説

まとめ

リースバックによる不動産売却方法は、まとまった資金の確保ができつつも同じ家に住み続けることがメリットですが、不動産売却価格が低い・家賃が高くなる可能性もあります。
メリット・デメリットをよく理解されたうえで、ご利用ください。
私たち「株式会社ハウスマスター」はさいたま市北区を中心に不動産売却のサポートをおこなっております。
弊社のホームページより、24時間不動産査定依頼を受け付けておりますので、ぜひご利用ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0120-066-688

営業時間
09:00~19:00
定休日
火曜日(隔週)水曜日 夏季、年末年始

売却査定

お問い合わせ