さいたま市で不動産の買取を依頼するには?不動産買取の流れと方法

2022-01-11

さいたま市で不動産の買取を依頼するには?不動産買取の流れと方法

不動産を売りたい場合、仲介または買取という方法で売却します。
仲介と買取には不動産会社が関わりますが、それぞれ売却のシステムや流れが異なります。
すぐに不動産を手放したい方は、短期間で売却しやすい「買取」を検討すると良いでしょう。
仲介と買取の相違点、不動産買取の流れと方法をご紹介します。

\お気軽にご相談ください!/

不動産の売却方法である買取とは?買取方法の種類

仲介と買取の違い

不動産の売却方法である仲介と買取の違いは、以下のとおりです。
買主の違い
仲介の買主は個人、買取の買主は不動産会社です。
仲介は、売主と買主の間に不動産会社が入り、売買契約を取りまとめます。
一方、買取は不動産会社が買い取るので、買主(不動産会社)と直接やり取りして売却まで進める形になります。
販売活動
仲介の場合、不動産会社が内見や広告出稿などの販売活動を行います。
買取は、不動産会社が直接買い取るため、買い手を探す必要がありません。
売却までにかかる期間
仲介では、不動産会社が物件の査定、売買契約、販売活動などを行います。
それぞれの工程を行うには、準備期間が必要です。
特に、広告を出すなどの販売活動の準備には時間を要します。
また、すぐに買い手がつくとは限らないため、売却までに時間がかかることもあるでしょう。
一方、買取は販売活動をしない代わりに、売主と不動産会社が直接交渉し、価格などの条件が合えば、すぐに契約に進みます。
そのため、仲介よりも買取のほうが早く売却できる可能性があるのです。

買取方法

買取には、以下の2つの方法があります。
即時買取とは
即時買取とは、交渉がまとまり次第、すぐに不動産会社が物件を買い取る方法です。
短期間で不動産を売却したい方に適した方法と言えます。
買取保証
はじめに仲介による販売活動を実施し、期限内に買い手がつかなかった場合、不動産会社が買い取ります。
個人が買主の仲介では、買い手がつくまで不動産を売却できません。
一方、買取保証の場合は、期限内に売れなければ、事前に取り決めた価格で不動産会社が買い取ります。
仲介で買い手が付いた場合、即時買取よりも高値で売却できる可能性があるのです。

こちらの記事も読まれています|不動産売却における媒介契約と売却活動の流れについて解説

\お気軽にご相談ください!/

不動産買取の流れと買取に必要な書類とは?

買取は、以下の流れに沿って進めていきます。

  • 必要書類の準備
  • 情報収集

査定を依頼する前に売りたい物件の情報をまとめておくと、その後の交渉や相談がしやすくなります。

  • 査定依頼
  • 条件を確認後、売買契約の締結
  • 決済および引き渡し
  • 確定申告

スムーズな不動産買取には、事前の書類準備やリサーチが必要です。

事前準備が必要な必要書類

買取を依頼するには、登記済権利証または登記識別情報、固定資産評価証明書、建築確認済証、土地測量図面、本人確認証などが必要です。
紛失などにより再発行が必要な場合、取得に時間がかかる場合があります。
買取を依頼する際、まずは必要書類の詳細をチェックしましょう。

こちらの記事も読まれています|不動産売却における媒介契約と売却活動の流れについて解説

まとめ

仲介と買取のどちらの売却方法を選んだら良いのか、迷う方が多いでしょう。
すぐに売却したい、少しでも高く売りたいなど、希望を叶えるお手伝いするのが、不動産会社です。
私たち「株式会社ハウスマスター」はさいたま市北区を中心に不動産売却のサポートをおこなっております。
弊社のホームページより、24時間不動産査定依頼を受け付けておりますので、ぜひご利用ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0120-066-688

営業時間
09:00~19:00
定休日
火曜日(隔週)水曜日 夏季、年末年始

売却査定

お問い合わせ