ローン残債があっても不動産売却はできる?方法と注意点をご紹介!

2021-12-28

ローン残債があっても不動産売却はできる?方法と注意点をご紹介!

一生住む予定で購入した家も、ライフスタイルの変化などにより売却を検討することがあるでしょう。
不動産の売却は所有者の権利ですが、住宅ローンを利用して購入し、完済していない場合は抵当権を抹消することが条件となります。
ここではローン残債のある不動産の売却方法や注意点についてご説明していきますので、参考にしてください。

\お気軽にご相談ください!/

ローン残債があっても不動産を売却したい!抵当権とは?

所有者は自由に不動産を売却できますが、住宅ローンの支払いが完了していない場合は注意しなければなりません。
なぜならローン残債のある不動産には、抵当権が設定されているためです。
抵当権とは、住宅ローンの返済ができなくなったときのために金融機関が不動産を担保とする権利のことです。
抵当権者である金融機関は、債務者からの返済が滞れば不動産を競売にかけ、債務を回収できます。
また、抵当権が設定されたままだとリスクが大きいことから、なかなか購入希望者は現れません。
そのため抵当権を抹消する必要がありますが、抹消には住宅ローンを完済することが条件となります。

こちらの記事も読まれています|オーバーローンでも不動産売却できる?調べ方や売却方法を解説

\お気軽にご相談ください!/

ローン残債がある状態で不動産を売却する方法は?

ローン残債がある状態での不動産売却は、多くのリスクをともなうことから難しいと言わざるをえません。
しかし、ローン残債があっても売却する方法はあります。
たとえば不動産を売却して手元に入ってくるお金で、ローン残債を支払うという方法です。
ただし、売却価格がローン残債を上回ることが絶対的な条件となりますので注意しましょう。
もし売却価格がローン残債を下回ってしまう、いわゆるオーバーローンの場合は不足する金額を自ら用意しなければなりません。
そのためローン残債のある状態で不動産を売却する場合は、残債がいくらあるのかきっちり確認しておくことが重要となります。

こちらの記事も読まれています|オーバーローンでも不動産売却できる?調べ方や売却方法を解説

\お気軽にご相談ください!/

ローン残債がある状態で不動産を売却するときの注意点は?

ローン残債のある不動産を売却するときには、いくつかの注意点があります。
たとえば売却したお金でローン残債を支払う場合、売却価格がそのまま手元に残るわけではないという点です。
不動産売却には仲介手数料や印紙代、税金などさまざまな費用がかかるため、それらを差し引いた分しか手元には残りません。
このことを考慮しておかないと、貯金などから不足金を用意しなければならないため注意しましょう。
また、抵当権抹消やローン返済にも手数料が発生することも注意点の1つです。
ローン残債がある場合、抵当権者である金融機関には事前に売却する旨を連絡しておくことも大事なポイントなので、忘れないようにしてくださいね。

こちらの記事も読まれています|オーバーローンでも不動産売却できる?調べ方や売却方法を解説

まとめ

ローン残債のある不動産を売却する場合、住宅ローンを完済し抵当権を抹消することが条件となります。
売却したお金でローンを支払う方法もありますが、不足する場合はその分の金額を自分で用意しなければなりません。
そのため売却前にローン残債がいくらあるのか、確認しておきましょう。
売却価格がそのまま手元に残るわけではない、という注意点も頭に入れておいてくださいね。
私たち「株式会社ハウスマスター」はさいたま市北区を中心に不動産売却のサポートをおこなっております。
弊社のホームページより、24時間不動産査定依頼を受け付けておりますので、ぜひご利用ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0120-066-688

営業時間
09:00~19:00
定休日
火曜日(隔週)水曜日 夏季、年末年始

売却査定

お問い合わせ