ライフステージの変化による不動産売却とは?お役立ち情報とあわせてご紹介!

2021-12-28

ライフステージの変化による不動産売却とは?お役立ち情報とあわせてご紹介!

一生に一度の買い物と言われるマイホームですが、買い替えや不動産売却を検討することもあるでしょう。
とくに出産や子どもの独立、親が亡くなるタイミングなど、ライフステージの変化は不動産売却に大きな影響を与えることは間違いありません。
どんなタイミングで不動産売却をおこなうのが良いか、ライフステージの変化に合わせたタイミングをご紹介します。

\お気軽にご相談ください!/

出産によりライフステージが変化した場合の不動産売却

出産によるライフステージの変化は不動産売却を検討する良いタイミングであり、多くの方が検討しているタイミングです。
家が手狭になることを防ぐ目的のほか、子育てに適した環境のもとで生活を送りたいと考える方が増えるためです。
また出産前に不動産売却をおこない、新たな新居へと移ることは引っ越しを楽にできるというメリットもあります。
出産後は子育てに追われて日々があっという間に過ぎていくだけでなく、子ども用品などで荷物増えてしまうため引っ越しは大変な作業です。
ゆとりのある出産前に不動産売却しておくことは、メリットが大きいと言えるでしょう。

こちらの記事も読まれています|不動産売却における媒介契約と売却活動の流れについて解説

\お気軽にご相談ください!/

子どもの独立によりライフステージが変化した場合の不動産売却

子どもの独立によりライフステージが変化した場合も、不動産売却をおこなう良いタイミングの1つです。
これまで使用していた子ども部屋が不要になるため、掃除などの負担を減らすために不動産売却を検討する方が増えてきます。
実際夫婦だけの生活に部屋数はあまり必要ありません。
年を重ねていくことで階段などの段差のある二階建ての一戸建て住宅より、バリアフリー化したマンションのほうが暮らしやすくなってくるでしょう。
子どもが独立したタイミングでの不動産売却の場合、築年数が経過していることも考えられます。
リフォームをおこなうことで高値での売却ができるのではないかと考える方も多いですが、リフォーム代金を売却価格に上乗せすることは難しいためおすすめできません。

こちらの記事も読まれています|不動産売却における媒介契約と売却活動の流れについて解説

\お気軽にご相談ください!/

親が亡くなることによりライフステージが変化した場合の不動産売却

親が亡くなることによりライフステージが変化した場合、相続した不動産の売却を検討することもあるでしょう。
不動産は所有しているだけで費用や管理が必要となってしまうため、使用する予定がなければできるだけ早く不動産売却をおこなうのがベストです。
親が名義の不動産を売却する場合、まずは所有者の名義変更をおこなわなければなりません。
遺産分割協議書や亡くなった親の戸籍謄本、住民票の除票、相続人の戸籍謄本などの書類が必要となります。
売却価格が取得費を上回る場合には譲渡所得税がかかってきますので、親が亡くなる前に取得費をはっきりさせておくことが重要です。
住んでいた自宅の売却であれば3,000万円の特別控除が適用できるため、そちらも調べてみると良いでしょう。

こちらの記事も読まれています|不動産売却における媒介契約と売却活動の流れについて解説

まとめ

ライフステージの変化により、そのときどきで自分に合った家は異なります。
そのためそのようなタイミングで不動産売却をおこなうことは、より良い生活を送るためには必要なことです。
出産や子どもの独立、親が亡くなるなどさまざまなライフステージの変化に合わせて不動産売却を検討してみると良いでしょう。
私たち「株式会社ハウスマスター」はさいたま市北区を中心に不動産売却のサポートをおこなっております。
弊社のホームページより、24時間不動産査定依頼を受け付けておりますので、ぜひご利用ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0120-066-688

営業時間
09:00~19:00
定休日
火曜日(隔週)水曜日 夏季、年末年始

売却査定

お問い合わせ