住みながらでも不動産は売却できる?方法と注意点をご紹介!

2021-12-28

住みながらでも不動産は売却できる?方法と注意点をご紹介!

住み替えなどで不動産を売却する場合、引っ越しの手間などから住みながら売却できないかと考える方は多いでしょう。
空室にしてからでないと売却できないことはなく、住みながらの売却ももちろん可能です。
ただし、住みながらの売却はメリットばかりではないため注意が必要です。
住みながら不動産を売却する方法や注意点についてご紹介します。

\お気軽にご相談ください!/

住みながら不動産を売却する方法は?

前述のとおり、住みながら不動産を売却することは可能です。
媒介契約の締結、売却活動、売買契約の締結、決済引き渡しという流れで進んでいき、一般的な不動産売却と同じような方法で売却できます。
ただし住みながら売却を進めていくため、内覧には立ち会う必要がでてくるので頭にいれておきましょう。
また住みながら売却を進めていく場合、売却が決まったあとには引っ越しをしなければなりません。
売却準備と並行して、新居探しを始めておく必要があります。

こちらの記事も読まれています|不動産を任意売却する方法とは?競売との違いを知ろう

\お気軽にご相談ください!/

住みながら不動産を売却するメリットは?

住みながら不動産を売却するメリットは、売却で得た資金を使って新居を購入できるためコストを削減できるという点です。
売却前に新居を購入するとローンの返済がダブルで発生するため負担が大きくなりますが、住みながら売却しその後新居を購入すれば負担を抑えられます。
しかし住みながらの売却にはメリットだけでなく、デメリットもあるため注意しましょう。
生活感が出すぎていると売却しづらくなるという傾向があり、一般的には空き家の状態のほうが売れやすいと言われています。
また住みながらの売却では内覧の立ち会いもしなければならず、急な予定変更にも対応しなければなりません。

こちらの記事も読まれています|不動産を任意売却する方法とは?競売との違いを知ろう

\お気軽にご相談ください!/

住みながら不動産を売却するときの注意点!

住みながら不動産を売却する場合、空き家の状態で売却する場合に比べていくつかの注意点があります。
たとえば、売り出し期間中は常にきれいな状態を維持しておかなければなりません。
汚れていたり散らかっていたりしては、購入希望の印象が悪くなってしまいます。
内覧時の第一印象は極めて重要となり、購入するかどうかを左右するといっても過言ではありません。
良い印象をもってもらうためにも、できるだけ良い状態を保てるように注意しましょう。

こちらの記事も読まれています|不動産を任意売却する方法とは?競売との違いを知ろう

まとめ

不動産売却は、住みながらでも可能です。
コスト面を考えてもメリットが大きく、一般的な方法で売却できます。
ただし生活感が出やすく、空き家に比べると売れづらいという注意点があるので頭にいれておきましょう。
売却が決まり次第引っ越ししなければならないため、売却活動と並行して引っ越し準備も進めておいてくださいね。
私たち「株式会社ハウスマスター」はさいたま市北区を中心に不動産売却のサポートをおこなっております。
弊社のホームページより、24時間不動産査定依頼を受け付けておりますので、ぜひご利用ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0120-066-688

営業時間
09:00~19:00
定休日
火曜日(隔週)水曜日 夏季、年末年始

売却査定

お問い合わせ