遠方にある不動産を売却する方法と手続きの流れとは?

2021-12-21

遠方にある不動産を売却する方法と手続きの流れとは?

不動産を売却する際、通常は売主本人が立ち会います。
しかし、売却したい不動産が遠方にある場合、立ち会いが難しいこともあるでしょう。
どうしても売却時に立ち会えない時はどうしたら良いのでしょうか。
この記事では、遠方にある不動産の売却を検討している方に不動産売却の方法をご紹介します。

\お気軽にご相談ください!/

遠方の不動産を売却する方法

不動産売買契約は、買主、売主、不動産業者の立ち会いによりおこなわれます。
しかし、遠方に住んでいて出向けないなどの事情があり三者の立ち会いが難しい場合は、以下の方法で契約を進めることが可能です。

契約書の持ち回り契約

不動産業者が契約書を作成し、買主と売主の両者から署名・捺印してもらいます。
郵送でのやり取りも可能です。
持ち回り契約の場合、買主と売主が直接顔を合わせることはありません。
立ち会うことなく売買契約ができるため、遠方の不動産を売却する際に利用されています。

代理人を立てる(代理契約)

売却したい不動産の近隣に住んでいる親戚や知人に不動産売買契約書の署名・捺印を依頼します。
このように代理で署名することは法律上有効です。
もしも代理契約時にトラブルが発生した場合、その責任は依頼主が追うことになります。
また、書類の不足などにより売買契約が延期されることもあるため、必要な書類をそろえた上で代理人に依頼しなければなりません。

司法書士に依頼する

司法書士に現地での立ち会いや売買手続きの全てを任せることができます。
法律等の専門的な知識を持つ司法書士に依頼すれば安心できるでしょう。
ただし、司法書士に依頼する場合は手数料を支払う必要があります。

こちらの記事も読まれています|不動産売却における媒介契約と売却活動の流れについて解説

\お気軽にご相談ください!/

遠方にある不動産を売却する際の手続きの流れ

実際に遠方の不動産を売却する際の流れを知っておきましょう。

  • 不動産を査定してもらう不動産会社を選ぶ
  • 不動産会社と媒介契約を結ぶ
  • 不動産会社に売却する不動産を査定してもらう
  • 売却活動を行う
  • 不動産会社より売買契約書を郵送してもらう
  • 不動産売買に立ち会えない場合の契約方法を決める
  • 売買契約を締結する
  • 決済・引き渡しをする

土地勘のある現地の不動産会社に依頼すると良いでしょう。

遠方の不動産を売却する際の注意点

売主は売買契約にどうしても立ち会えない場合、現地に行かなくても契約を進めることができます。
しかし、一度も現地に行かなくても良いというわけではありません。
決済や引き渡し、鍵の受け渡しは、現地で行うのが基本です。
また、一連の売却の流れに売主が立ち会わない場合、買主や不動産会社と直接やり取りするよりも、売却までに時間がかかる恐れがあります。
そのため、遠方の不動産を売却する際はスケジュールなどを計画的に考えなければなりません。

こちらの記事も読まれています|不動産売却における媒介契約と売却活動の流れについて解説

まとめ

遠方にある不動産を売却する方法をご紹介しました。
不動産売却に立ち会えない場合、契約書の持ち回り契約や代理契約、司法書士による契約などの方法があります。
全ての方法に共通しているのは、不動産売却契約に関する手続きには、必ず不動産会社が関わっていること。
遠方の不動産を売却する場合は、エリアの不動産を熟知している当社にご相談ください。
私たち「株式会社ハウスマスター」はさいたま市北区を中心に不動産売却のサポートをおこなっております。
弊社のホームページより、24時間不動産査定依頼を受け付けておりますので、ぜひご利用ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0120-066-688

営業時間
09:00~19:00
定休日
火曜日(隔週)水曜日 夏季、年末年始

売却査定

お問い合わせ