任意売却後の残債はどうなるのか?返済義務と対処法

2021-12-21

任意売却後の残債はどうなるのか?返済義務と対処法

住宅ローンが残った状態で家を売却する「任意売却」。
任意売却は競売とは異なり、一般市場で家を売却し、その売却益を住宅ローンの返済に充てることができます。
しかし、売却してもローンがすべて返済できないこともあります。
その場合、残った住宅ローン(残債)はどうなるのでしょうか。
任意売却後の残債の対処法として、支払い義務の有無と交渉方法をご紹介します。

\お気軽にご相談ください!/

任意売却後の残債の返済義務はあるのか?

残債とは債務の残高のことです。
任意売却をしても債権者に全額返済できずに残ってしまう借入金を「残債」と言います。
任意売却で家を売った場合、そこで得た売却益を残債に充てることができますが、売却益で残債を一括返済できるわけではありません。
つまり、任意売却をしたからと言ってローンから解放されるというわけではなく、任意売却後も債務者には残債の返済義務があるのです。
連帯保証人にも返済義務が残るため、債務者が支払いを滞納することで連帯保証人にも影響がおよびます。
債務者は残債を完済するまで支払い続けなければなりません。

こちらの記事も読まれています|不動産を任意売却する方法とは?競売との違いを知ろう

\お気軽にご相談ください!/

任意売却後の残債支払いが困難な場合は交渉できるのか?

任意売却後の残債の返済が難しい場合、支払額などを交渉することができます。
交渉次第で可能になることとして、以下の項目が挙げられます。

引っ越し費用を捻出してくれる

任意売却をすると家を手放すことになり、引っ越しをする必要があります。
住宅ローンの返済が困難な方にとって、決して安くない引っ越し費用を用意することは難しいでしょう。
債権者にとって債務者が引っ越さなければ、家を売りに出すことができません。
そのため、交渉次第では債権者が売却価格から引っ越し費用を捻出してくれる可能性があります。

毎月の支払額を調整してくれる

任意売却後に債務者は債権者に対して、支払額を相談することができます。
任意売却後の1ヶ月の残債返済額は、一般的に5,000円から30,000円程度と言われています。
月々の収支を記した「生活状況表」をもとに残債の返済額を決定します。
債務者の希望を受け入れてくれるケースもあるため、支払う意思があることを示した上で支払額を相談するとよいでしょう。

自己破産により残債の支払いを免除してもらう

任意売却後も生活が苦しく、少額でも残債の支払いが難しいなどの事情がある場合は、債務整理をして大幅に返済額を減額する、もしくは借金を免除してもらう方法もあります。
その方法の1つが、自己破産です。
返済を免除してもらうために、残債の支払いが全くできないことを裁判所に認めてもらえるよう手続きします。
自己破産をしても条件下において家財道具などをそのまま保有することが可能です。
自己破産は債務者の再生をはかる方法の1つではありますが、残債の返済義務は連帯保証人に移ることになります。
勝手に自己破産をすれば連帯保証人に迷惑をかけることになるため、注意が必要です。

こちらの記事も読まれています|不動産を任意売却する方法とは?競売との違いを知ろう

まとめ

任意売却は競売を避ける方法の1つであり、債務者の生活負担を軽くする方法でもあります。
しかし、任意売却をしたからと言って、残債を一括返済できたりローンの支払い義務がなくなったりするわけではありません。
任意売却後の残債の支払いについてお困りのことがある方は、債権者や不動産売却に詳しい専門家に相談しましょう。
私たち「株式会社ハウスマスター」はさいたま市北区を中心に不動産売却のサポートをおこなっております。
弊社のホームページより、24時間不動産査定依頼を受け付けておりますので、ぜひご利用ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0120-066-688

営業時間
09:00~19:00
定休日
火曜日(隔週)水曜日 夏季、年末年始

売却査定

お問い合わせ