マンションの管理費とは?修繕費との違いや売却のタイミングについて解説

2021-12-14

マンションの管理費とは?修繕費との違いや売却のタイミングについて解説

マンションを購入すると、毎月「管理費」と「修繕費」を支払う必要があります。
そもそも管理費と修繕費とは何に使われているの?将来的にマンションを売却した場合、それまでに支払った分は戻ってくるの?など疑問に思うことがあると思います。
今回はそんなマンション売却時における「管理費」と「修繕費」について解説いたします。

\お気軽にご相談ください!/

マンション売却時に管理費と修繕費は返金される?

結論から言うと、管理費も修繕費も返金されません。
まずはマンション管理費と修繕費の違いについて知っておく必要があります。

マンション管理費とは?

日々、マンションで快適に生活するために敷地や共用部分の管理に要する費用のこと。
具体的には下記のような費用に使われています。

  • エレベーターなど共用設備の保守維持費や運転費
  • 共用部分にかかわる火災保険料や地震保険料、損害保険料
  • 清掃費やごみ処理費
  • 管理人の人件費
  • 管理組合の運営費

修繕費とは?

マンションの敷地や共用部分の修繕に要する費用のこと。
長期的な計画に基づき毎月修繕費を積み立てて使用します。

  • 一定年数経過ごとに計画的に実施する修繕
  • 不測の事故や事由によって必要となる修繕
  • 敷地や共用部分などの変更

毎月支払う管理費と修繕費にはちゃんとした目的と意味合いがあり、どちらもマンションの管理や維持をするために必要な経費となります。
ですので、仮に売却をしたとしてもそれまでに支払った分が返金されるようなことはありません。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

\お気軽にご相談ください!/

マンション管理費とマンションを売却するタイミングに関係性はある?

ずばり、管理費、修繕費が値上がりする前に売却しましょう。
マンション管理費は基本的には値上がりはしませんが、修繕費は値上がりする計画を立てているところがほとんどです。
多くの管理会社では入居後35年間でいつどの箇所にいくらお金をかけて修繕していくかをあらかじめ計画し、毎月の修繕費を少しずつ上げてプール金を増やすことで、まとまった一時金を発生させずに修繕をおこなうことができるようにしています。
一方で、マンション管理費にはこういった計画的な値上げはありませんが、物価の上昇など社会情勢に変化が生じた場合は値上がりする可能性もあります。
マンションの売却を考えているけれど、いつ売却したら良いのか分からないという方は、修繕費や管理費が値上がりする前のタイミングでの売却をおすすめいたします。

もしもマンション管理費と修繕費を滞納した場合

管理組合から未払金に遅延損害金と違約金を加算した金額を請求され、訴訟や法的な措置を取られる可能性もあります。
管理費や修繕費を支払えなくなる前にマンションを売却するのも一つのタイミングです。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

まとめ

マンション売却と管理費と修繕費の事情についてお分かりいただけましたでしょうか。
納得のいくマンション売却をおこなうためにもしっかりと理解をしておくことが大切です。
私たち「株式会社ハウスマスター」はさいたま市北区を中心に不動産売却のサポートをおこなっております。
弊社のホームページより、24時間不動産査定依頼を受け付けておりますので、ぜひご利用ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0120-066-688

営業時間
09:00~19:00
定休日
火曜日(隔週)水曜日 夏季、年末年始

売却査定

お問い合わせ