マンションの相続税はいくらになる?計算方法と注意点を解説!

2021-12-14

マンションを相続することになった場合、対策していなければ高額の相続税を支払うことになる可能性があります。
相続税対策はできるだけ早めにおこなうことが必要です。
そこで、この記事では所有しているマンションの相続税を計算する方法や節税の仕方・注意点を解説します。

\お気軽にご相談ください!/

マンションの相続税を調べるには~ 計算方法~

相続税は、相続した遺産の総額と相続人の数によって決まります。
遺産の総額を知るためには、現金・不動産などのプラスの資産、借金・生命保険などのマイナスの資産すべてを洗い出す必要があります。
とくに、マンションを相続する場合は相続税評価額を調べなければなりません。
マンションは建物部分と土地部分に分けて、それぞれの評価額を計算することが必要です。

建物部分の計算方法

マンションの建物部分の相続税評価額は固定資産税の評価額と同じです。
正確な評価額は納税通知書に記されています。

土地部分の計算方法

マンションの土地部分は、路線価をもとに計算します。
評価額を求める計算式は「路線価×マンション全体の面積×持分割合」です。
「マンション全体の面積」は、廊下やホールなどを含む「共有部分」と、ご自身の部屋などの「専有部分」からなっています。
マンションの相続税を正確に計算するためには、共用部分の持分割合を登記事項証明書を用いて調べておく必要があります。
路線価のないマンションの場合は「固定資産税の評価額×財産評価基準書に基づく税率×持分割合」で算出できます。

マンションの相続税 を節税する方法

マンションの相続税評価額を調べて遺産総額が分かったら、要件を満たしている控除や特例がないか確認しましょう。
相続した遺産の総額が「基礎控除額」よりも小さければ相続税は課税されず、相続税を申告する義務も生じません。
また「配偶者控除」や「小規模宅地等の特例」が適用できる場合は相続税を大幅に減らしたり、ゼロ円にしたりできるかもしれません。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

\お気軽にご相談ください!/

マンションの相続税支払いに関する注意点

相続税の支払いが必要になった場合、税務署から指摘を受けないための注意点があります。

相続税の支払い

相続税の申告・支払い期限は相続開始から10か月以内です。
相続税の支払いが遅れてしまうと、延滞課税などのペナルティが課されます。

相続直前の節税対策

現金などの資産を相続するより、マンションなどの不動産を相続したほうが相続税は安くなることがあるため、相続税対策としてマンションを購入する方もいらっしゃいます。
しかし、被相続人が亡くなる直前にマンションを購入している場合は、税務署から相続税逃れを指摘されて、節税効果がなくなる可能性もあるので注意しましょう。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

まとめ

マンションの相続の場合は、一戸建ての相続とは異なる計算方法で相続税評価額を算出します。
いざ相続が発生すると、相続する遺産の総額を調べるのにも時間がかかるため、不動産会社などの専門家に早めに相談しながら相続税対策を進めることをおすすめします。
私たち「株式会社ハウスマスター」はさいたま市北区を中心に不動産売却のサポートをおこなっております。
弊社のホームページより、24時間不動産査定依頼を受け付けておりますので、ぜひご利用ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0120-066-688

営業時間
09:00~19:00
定休日
火曜日(隔週)水曜日 夏季、年末年始

売却査定

お問い合わせ