不動産売却で土地の譲渡をする流れについて解説!贈与や相続との違いも必見

2021-12-07

不動産売却で土地の譲渡をする流れについて解説!贈与や相続との違いも必見

この記事では、不動産売却で「土地の譲渡をすること」について解説します。
土地を譲るといっても贈与や相続といったいどう異なるのか、実際の流れはどうなるのか疑問をお持ちの方もいるでしょう。
そこでこの記事を参考にしてみてください。
土地の譲渡をしようと考えている方は、ぜひ最後まで読み進めていただければと思います。

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却で「土地の譲渡をする」とはどういうこと?

まずは、不動産売却で土地を譲渡するとはどのような意味なのか解説します。
土地の譲渡とは、自身の持っている土地を金銭を対価として譲ることを指します。
つまり、土地を譲り渡すことと土地を売ることはイコールです。

譲渡と贈与や相続とはどう違う?

続いては、土地の「譲渡」と「贈与」、「相続」の違いについてです。
これら3つの言葉は不動産に関する知識として使われますが、混同しやすい言葉でもあります。
私たち「株式会社ハウスマスター」はさいたま市北区を中心に土地や家屋の売却をサポートしている会社ですが、これらの違いについてお尋ねになるお客様もいらっしゃいます。
では、3つの言葉それぞれについて以下でご説明します。

  • 譲渡:土地の所有者が相手から金銭を受け取ることを対価に土地の権利を譲り渡すこと
  • 贈与:持っている土地の権利を無償で譲ること
  • 相続:故人の持っていた土地の権利を特定の人が引き継ぎ所有すること

こうしてみると3つの言葉の意味がはっきりと異なることがわかります。
付け加えると、贈与では、贈与された側(相続においては相続された側)が税金を支払わなければなりませんが、譲渡では、譲り渡した側に税金を支払う必要がありますので覚えておきましょう。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却で土地の譲渡をする一連の流れとは?

では、不動産売却で「土地の譲渡をする流れ」はどのようになっているのかについても把握しておきましょう。
不動産売却で土地の譲渡をするには以下の8つ手順をふみます

  • 土地の相場を知る
  • プロに査定してもらって売り値を決める
  • 土地を測量してもらって隣地との境界をはっきりさせる
  • 媒介契約を結ぶ
  • 不動産会社が販売活動をおこなう
  • 買い手が見つかったら売買契約をおこなう
  • 決済と土地の引き渡しをおこなう
  • 確定申告をおこなう

以上が不動産売却で土地を譲渡する一連の流れです。

土地を売る際に注意したいことは何?

最後に、土地を売る際に気を付けたい点もお伝えします。
もしも該当の土地を家屋の解体後に売る場合は、売却活動期間に気をつけましょう。
家屋が建っていると住宅用地の特例措置が適用されて固定資産税が最大1/6になりますが、更地にするとこの特例が受けられなくなります。
そうなると固定資産税額がアップしてしまうため、売り出すのは早めにおこないましょう。
弊社でもお見積りさせていただくことは可能ですので、お気軽にお問い合わせください。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

まとめ

この記事を読んでいただいた皆さんは、土地の譲渡に関する知識は増えたでしょうか。
私たち「株式会社ハウスマスター」はさいたま市北区を中心に不動産売却のサポートをおこなっております。
弊社のホームページより、24時間不動産査定依頼を受け付けておりますので、ぜひご利用ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0120-066-688

営業時間
09:00~19:00
定休日
火曜日(隔週)水曜日 夏季、年末年始

売却査定

お問い合わせ