不動産売却で知っておきたい契約不適合責任とは?瑕疵担保責任との違いは?

2021-11-30

不動産売却で知っておきたい契約不適合責任とは?瑕疵担保責任との違いは?

不動産を売却する際、売主は契約不適合責任に気を付ける必要があります。
不要な責任を問われないようにするためにも、事前に内容を理解したうえで、売却準備を進めましょう。
そこで今回は不動産の売却を検討されている方に向けて、契約不適合責任とはどのような内容なのかご説明いたします。

\お気軽にご相談ください!/

不動産を売却する際に知っておきたい契約不適合責任とは?

契約不適合責任とは売買契約や請負契約において、商品や仕事の内容に何らかの不備があった場合、売主や請負人が買主に対して責任を負うことをいいます。
以前は瑕疵担保責任が適用されていましたが、2020年4月に契約不適合責任へと民法が改正されました。
不動産の売買契約において、買主は売主に対して以下のような請求ができるので、内容を理解しておきましょう。

  • 追完請求:引き渡した商品の修理または不足分・代替品の引き渡しの請求
  • 損害賠償請求:損害が発生した場合の損害賠償請求
  • 代金減額請求:購入金額の減額を請求
  • 契約解除:契約を解除して代金の返還を請求

原則的には追完請求に売主が応じない場合、損害賠償や代金減額、契約解除が請求されます。
買主とのトラブルや思わぬ損失を防ぐためにも、不動産を売却する際は不備がないように準備を進めることが大切です。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

\お気軽にご相談ください!/

不動産を売却する際に知っておきたい契約不適合責任と瑕疵担保責任の違いとは?

以前適用されていた瑕疵担保責任から、現在適用されている契約不適合責任に改正され、どのような違いが生じているのでしょうか?
まず買主が売主に対して請求できる内容について、瑕疵担保責任では契約解除と損害賠償請求ができるのに対し、契約不適合責任では追完請求と代金減額請求もできるようになりました。
また売主が責任を負う範囲について、瑕疵担保責任は隠れた不具合の発見に対してである一方、契約不適合責任は契約書への記載がない不具合に対してであるという違いも生じています。
免責の特約が有効である点は同じなので、これから不動産を売却する際は、売買契約書に物件の内容を詳細に記載することが大切です。
物件の詳細を把握するためには、ホームインスペクションをおこなうのがおすすめです。
5万円程度の費用が必要ですが、専門家の調査により不動産の瑕疵を見つけられるので、ぜひご検討ください。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

まとめ

契約不適合責任は契約書に内容をしっかり記載することが大切なので、事前に準備してから売却に臨みましょう。
私たち「株式会社ハウスマスター」はさいたま市北区を中心に不動産売却のサポートをおこなっております。
弊社のホームページより、24時間不動産査定依頼を受け付けておりますので、ぜひご利用ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0120-066-688

営業時間
09:00~19:00
定休日
火曜日(隔週)水曜日 夏季、年末年始

売却査定

お問い合わせ