不動産が売れない原因と改善案!効果的な売却活動のポイントも解説!

2021-11-23

不動産が売れない原因と改善案!効果的な売却活動のポイントも解説!

この記事のハイライト
●売れない不動産は価格や物件自体に問題があると考えられる
●不動産が売れない場合は改善できる部分を探してみる
●需要が多い時期に合わせた効果的な売却活動がポイント

不動産の売却を検討した際、「本当に売れるのだろうか」と不安に思って、売却に踏み切れない方も多いのではないでしょうか。
また、売りに出した不動産が売れないことで、悩んでいる方もいらっしゃるでしょう。
そこで今回は、北区を中心にさいたま市で不動産の売却をご検討されている方に向けて、売れない不動産に共通して考えられる原因や、改善案をご紹介します。
売却を成功させるためのポイントもお伝えしますので、ぜひ参考にしてください。

\お気軽にご相談ください!/

不動産が売れない場合に考えられる原因

不動産が売れない場合に考えられる原因

不動産を売却する際、できるだけ早く売却を成功させたいものですが、なかなか売れないケースもあります。
実は、売れない不動産には、似たような原因が考えられます。
売れない不動産に共通して考えられる原因を3つご紹介しますので、当てはまるものがないか照らし合わせてみてください。

  • 価格が高すぎる
  • 物件に何らかの問題がある
  • 内見時の印象が良くない

どういうことなのか、それぞれの内容をご説明していきましょう。

原因①価格が高すぎる

販売価格は、査定価格を参考に決めるのが一般的ですが、売主の希望で査定よりも高い価格で売り出すケースがあります。
しかし、相場を参考にせずに売り出した場合、どうなるでしょうか。
不動産の購入を検討している方が希望する立地の物件を探す際、いくつかの候補に絞るうえで、販売価格は重要なポイントです。
検討しているエリアで、似たような築年数や間取りの物件を比較した際、ほかの物件よりも高い物件は、選択肢から外してしまう可能性があります。
つまり、相場からかけ離れた販売価格は、売れない原因の一つに考えられるのです。

原因②立地や物件に問題がある

不動産がなかなか売れない場合、立地や物件自体になにか原因があるかもしれません。
たとえば、駅から遠かったり、買い物できる施設が近くになかったりと、生活の利便性があまり良くないエリアの不動産は、売れにくい場合があります。
極端に広い土地、あるいは狭小地なども、選択肢から外れてしまう可能性があります。
また、旧耐震基準が適用されている物件や再建築不可物件も、購入後のリスクを考えて敬遠されるかもしれません。

原因③内見時の印象が良くない

不動産を探している方は、立地や販売価格などを検討したうえで、候補に入れた物件を内見し、最終的に購入を決めます。
つまり、内見に訪れる方は、すでに不動産に興味を持っているわけですから、内見時に「買いたい!」と思ってもらえれば、売却につながりやすいのです。
しかし、内見時にマイナスになるようなポイントが多いと、なかなか売却につながらない可能性があります。
たとえば、購入希望者が内見に訪れた際に、外壁の劣化や、内装の傷や汚れなどが目に付くと、購入意欲は下がってしまいます。
さらに、敷地内に雑草が生えていたり、室内が片付いていなかったりと、内見者を迎える準備ができていない状態の物件は、あまり印象が良くないでしょう。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

\お気軽にご相談ください!/

不動産が売れない場合に試すべき3つの改善案

不動産が売れない場合に試すべき3つの改善案

では、売れない不動産の売却を成功させるためには、どうすれば良いでしょうか。
ここからは、試すべき3つの改善案をご紹介します。

改善案①販売価格を見直す

まず、販売価格が周辺の物件と比べてかけ離れていないか、過去の取引や販売中の物件の価格などを参考に、相場を調べてみましょう。
査定で出された価格は、事前に相場を調査して提案されたものです。
しかし、もし査定以上の価格で売り出している場合は、ご自身でも相場を調査し、納得したうえで価格の変更を検討してみましょう。
相場に近い価格で売り出しているにもかかわらず、なかなか売れない場合は、値下げを検討してみるのも良いかもしれません。
ただし、値下げをしたからといって、購入希望者が現れるとは限りません。
また、販売価格は一度下げると、元に戻すことは基本的にできないので、慎重に判断しましょう。

改善案②傷や汚れが目立つ箇所を修繕する

築年数が古い不動産の場合、改善案としてリフォームを検討する方もいらっしゃるかもしれません。
しかし、最近は中古物件を購入して、自分好みにリノベーションしたいという方も増えています。
はじめから大幅なリフォームをおこなわなくても、劣化や損傷している箇所を修繕するだけで、物件の印象は良くなります。
たとえば、外壁の劣化、室内の壁紙・床の傷や汚れなど、目立つ箇所は修繕しておくと良いでしょう。

改善案③掃除を徹底し内見時の印象を良くする

内見に訪れた方の第一印象も、購入意欲に大きく影響します。
興味を持って内見に訪れたとしても、室内が片付いていなかったり、水回りが汚れていたりすると、購入意欲が失せてしまいます。
まずは、整理整頓し、とくに水回りは入念に掃除してください。
また、住んでいる方は感じなくても、生活臭が染みついている場合があります。
しっかりと換気して、消臭剤を使ったにおい対策もしておきましょう。
業者に依頼して、ホームクリーニングをおこなうのもおすすめです。
内見者を迎える当日は、カーテンを開けて照明を点け、気持ちよく内見できる環境をつくることを心がけてください。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

\お気軽にご相談ください!/

不動産が売れない場合に売却を成功させるためのポイント

不動産が売れない場合に売却を成功させるためのポイント

ここまで、不動産が売れない原因と改善案をお伝えしてきました。
最後に、より早く売却の成功へと近づけるためのポイントをご紹介しましょう。

ポイント①効果的な売却活動をおこなう

より早く好条件で不動産売却を成功させるためには、販売戦略や広告の出し方などを工夫し、効果的な売却活動をおこなうことが大切です。
不動産を売却する際には、不動産会社と媒介契約を結ぶのが一般的ですが、専任媒介契約や専属専任媒介契約を結ぶことで、より活発な売却活動がおこなわれます。
弊社は、お客様のご希望に沿って、最適な販売方法をご提案しています。
北区を中心にさいたま市で不動産の売却をご検討されている方は、ぜひ株式会社ハウスマスターにおまかせください。

ポイント②ホームステージング がおすすめ!

最近は、モデルルームのように家具やインテリアで室内を装飾する「ホームステージング」が注目されています。
ホームステージングされた室内の写真をチラシに載せることで、数多くの物件のなかで目を引き、内見者数を増やすのに効果的です。
また、内見時には、魅力的に感じるだけでなく、生活のイメージがしやすいことから、購入意欲が湧きやすくなります。
物件の魅力をアピールし、より早くそして好条件での売却が期待できるでしょう。

ポイント③不動産取引が活発な時期に合わせる

売却のスケジュールが調整可能な場合は、不動産取引が活発な時期に合わせて売り出すのもポイントの一つです。
新年度や転勤などで移動する方が多いのは、4月と9月です。
この時期に合わせて物件を探す方が増えるため、2月から3月、7月から8月頃には、需要が高まります。
引っ越しする方が多い時期、つまり、不動産取引が活発な時期に合わせれば、より多くの方の目に留まり、売却成功につながる可能性がアップするでしょう。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

まとめ

売れない不動産は、価格設定や物件自体に問題があったり、内見時の印象が良くなかったりと、いくつか原因が考えられます。
まずは、今回ご紹介した改善案をご参考に、販売価格や物件の状況を見直してみましょう。
さらに、不動産売却の需要が多い時期に合わせて、効果的に売却活動をおこなうことが、売却を成功させる大切なポイントです。
弊社では、「売れるかどうか心配」と売却に踏み切れない不動産のご相談も承っております。
北区を中心にさいたま市で不動産の売却をご検討されている方は、ぜひ株式会社ハウスマスターまでお気軽にご相談ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0120-066-688

営業時間
09:00~19:00
定休日
火曜日(隔週)水曜日 夏季、年末年始

売却査定

お問い合わせ