オーバーローンでも不動産売却できる?調べ方や売却方法を解説

2021-11-23

オーバーローンでも不動産売却できる?調べ方や売却方法を解説

さまざまな事情から、お持ちの不動産を売ってしまいたい!という方が知っておきたい言葉に「オーバーローン」があります。
オーバーローンの不動産は通常の売却よりも複雑で、いざ売却に向けて動き出した際に発覚すると、対処法がわからず困ってしまうかもしれません。
今回は不動産売却の際に知っておきたいオーバーローンの定義や調べ方について解説します。

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却で知っておきたいオーバーローンとは?

オーバーローンとは、該当の不動産の売却価格より住宅ローン残高が上回る状態のことです。
住宅ローンを利用して家を購入した場合、ローンを完済すれば銀行の設定した抵当権を解除できます。
しかし、ローン完済前に売却するのであれば、売却で得られた金額を返済に充て、不足分に関しては自己資金で返済しなければなりません。
自己資金がなく完済できない場合は銀行も売却を認めず、抵当権の解除もできません。
抵当権がついたままの不動産は買主を見つけにくいため、このままでは不動産売却が頓挫してしまうことになります。
これに対して「アンダーローン」とは、売却価格より住宅ローン残高が下回る状態を指し、通常の売却をおこなえばローン完済ができる状態です。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却で知っておきたいオーバーローンの調べ方

オーバーローンかどうかの調べ方は、住宅ローン残高と該当の不動産の売却価格を調べ、両者を見比べることでわかります。
まず住宅ローン残高は、ローンの借入先である金融機関が発行する残高証明書やローン返済計画書などを確認します。
次に不動産の売却価格は、不動産会社の査定を受けるのが確実です。
住宅ローン残高と売却価格を比べてみて、ローン残高が多いとオーバーローンということになります。
しかしこのような状態でも売却は可能で、その売却方法としては以下があります。
買い替えローンを借りて新居に移る、無担保ローンを利用する、競売、任意売却などが選択肢として挙げられます。
買い替えローンや無担保ローンは金利などの問題で今後の返済がより重くなり、競売も相場より安い価格でしか売れないため負担が増えてしまいます。
任意売却であれば相場に近い価格で売れる可能性が高まるため、オーバーローンでの不動産売却に適したおすすめな方法です。
任意売却は金融機関との交渉が重要で、実績のある不動産会社にサポートを依頼するのもひとつの手段です。
さいたま市北区周辺で住宅ローン完済前の不動産売却を検討されている方は、一度お気軽に弊社までご相談ください。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

まとめ

今回は不動産売却する際に知っておきたいオーバーローンとは?というテーマで、その定義や調べ方、対処法について解説しました。
私たち「株式会社ハウスマスター」はさいたま市北区を中心に不動産売却のサポートをおこなっております。
弊社のホームページより、24時間不動産査定依頼を受け付けておりますので、ぜひご利用ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0120-066-688

営業時間
09:00~19:00
定休日
火曜日(隔週)水曜日 夏季、年末年始

売却査定

お問い合わせ