不動産を任意売却する方法とは?競売との違いを知ろう

2021-11-16

不動産を任意売却する方法とは?競売との違いを知ろう

しっかり返済計画をたてて不動産を購入したとしても、思いがけないトラブルに見舞われて住宅ローンの返済が滞ってしまうケースがあります。
そんなときに検討していただきたい解決方法のひとつが、「任意売却」です。
そこで今回は、任意売却とはどのようなものなのかについて、任意売却の方法や競売との違いなどもふまえながらご紹介します。

\お気軽にご相談ください!/

任意売却とは?ローン残債のある不動産を売却する方法と流れを解説

通常、住宅ローンの返済が終わっておらず、かつ不動産を売却してもローン残高を完済できない「オーバーローン」の状況では、不動産を売却することはできません。
まぜなら、その不動産には抵当権が設定されているからです。
しかし、住宅ローンの返済を続けるのが困難な場合は、債権者の同意を得ることで、抵当権を外して不動産を売却可能な状態にすることができます。
これが、任意売却です。
任意売却をする流れとしては、まず不動産の査定額と住宅ローンの残債を確認し、どの程度のオーバーローンになるのかを把握しましょう。
その結果をもとに、債権者から任意売却の了承を得なければなりません。
債権者の同意を得られたら、基本的にそこからは通常の売却方法と同じ流れです。
なお、任意売却後に残った住宅ローンの支払いは、月々の返済を無理のない額に設定にしなおしたうえで、売却後も続けることになります。

弊社が選ばれている理由|お客様の声

\お気軽にご相談ください!/

ローン滞納の解決方法!不動産を任意売却するメリットと競売との違いとは

任意売却には債権者の同意が必要ですが、その点以外は一般的な不動産売却とほぼ違いがありません。
方法や価格も含めて、ほとんど同条件で売却することができます。
売却の際の仲介手数料や税金、そして引っ越しに伴う諸費用なども、交渉次第では売却額の一部から支払うことが可能です。
もし、ローンを滞納しても任意売却を進めなかった場合、その不動産は競売にかけられると考えておきましょう。
競売になると、一般的な不動産売却や任意売却よりも3割ほど価格が下がってしまうといわれており、売却後のローン残債も一括返済が求められます。
また、競売では不動産情報が新聞やインターネットにも掲載されるため、金銭的な事情をご近所や職場に知られるリスクも覚悟しなければなりません。
任意売却を進めていても、なかなか売却が決まらずに時間がたってしまうと、競売に切り替えられてしまうこともあるので注意しましょう。

弊社が選ばれている理由|お客様の声

まとめ

住宅ローンの返済が困難になったら、競売にかけられる前に任意売却を進めるようにしましょう。
私たち「株式会社ハウスマスター」はさいたま市北区を中心に不動産売却のサポートをおこなっております。
弊社のホームページより、24時間不動産査定依頼を受け付けておりますので、ぜひご利用ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0120-066-688

営業時間
09:00~19:00
定休日
火曜日(隔週)水曜日 夏季、年末年始

売却査定

お問い合わせ