不動産売却における媒介契約と売却活動の流れについて解説

2021-11-16

不動産売却における媒介契約と売却活動の流れについて解説

不動産を売却するまでには、いろいろな手続きやプロセスがあります。
納得のいく不動産売却を進めるためにも、まずは流れのなかでポイントとなる部分をしっかり理解しておきましょう。
ここでは、不動産売却における「媒介契約」までの流れと「売却活動」の内容について、そして売却までに必要な期間についてもご紹介します。

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却に向けて媒介契約を締結するまでの流れと種類

不動産を売却するのであれば、多くの方は、不動産会社に売却の仲介を依頼することになります。
その際に不動産会社と締結するのが「媒介契約」です。
まず不動産会社に売却不動産の査定を依頼して、査定額に納得がいけば媒介契約を結ぶという流れになります。
契約の内容としては、どのような戦略や条件で不動産を売り出していくのか、売買が成立したら成功報酬としての仲介手数料はどうするのか、などです。
媒介契約には「一般媒介」「専任媒介」「専属専任媒介」の3種類があり、一般媒介のみ複数の不動産会社と媒介契約を結ぶことができます。
複数の会社に依頼することで広く不動産の情報を発信できますが、専任媒介や専属専任媒介のほうが熱心に売却活動がおこなわれるケースが多いなど、メリットやデメリットはそれぞれです。

弊社が選ばれている理由|お客様の声

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却に向けて実施される売却活動の流れと内容

不動産会社と媒介契約を結んだら、売却活動が開始されます。
主な内容としては、不動産会社のホームページやレインズ(不動産流通機構によるネットワークシステム)、不動産ポータルサイトへの情報掲載をはじめ、新聞への折り込みチラシや、ポスティング広告の実施などです。
また、不動産会社に登録している購入検討者に情報発信をしたり、来店したお客様に物件を紹介することもあります。
売り主は定期的に不動産会社から売却活動の状況報告を受けつつ、購入希望者が現れれば内覧対応などをおこなう流れです。
なお、一般媒介契約の場合は定期的な売却活動の報告はありません。

弊社が選ばれている理由|お客様の声

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却が完了するまでの流れに必要な期間

不動産の売却を決めてから実際に売却が完了するまでには、平均して3か月から半年ほどの期間が必要とされています。
売却期間の長さは立地条件や価格などによって大きく異なりますが、スムーズな売却のためには売却活動をおこなう「時期」も検討が必要です。
売却期限などがとくにないのであれば、不動産売買が活発化するとされている春の引越しシーズンか秋の転勤シーズンに合わせて売却を進めてみてはいかがでしょうか。

弊社が選ばれている理由|お客様の声

まとめ

今回は、不動産売却の流れのなかでも重要な媒介契約と売却活動、必要な期間についてご紹介しました。
私たち「株式会社ハウスマスター」はさいたま市北区を中心に不動産売却のサポートをおこなっております。
弊社のホームページより、24時間不動産査定依頼を受け付けておりますので、ぜひご利用ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0120-066-688

営業時間
09:00~19:00
定休日
火曜日(隔週)水曜日 夏季、年末年始

売却査定

お問い合わせ